インド旅行 一日目

ユウキでーす。

皆さん、お待たせしました。
2015年次なる目的地に選んだ場所は……ずばりインド。
そうなんです。
僕、バックパッカーを名乗っておきながら、実はインド未体験。
こんなことではとてもとてもバックパッカーなんて言えません。
と、常々思っていたところで、ようやくインドへ行く機会ができたのです。
んが、このインド。
調べてみるとなかなかにしてハードルが高い。
人を見たら詐欺師だと思え、と言われるように、インド人は外人を騙すことしか考えてない模様。
治安も悪いし、衛生面もやばい。
おまけにインフラは全く整ってないし……。
正直なんで行くの?って自分でも思います。
高い金払って、嫌な思いをして、最悪じゃないですか。
でもいいんです。
バックパッカーの聖地。
そこにインドがあるからです。
インドが僕を呼んでるんです!
まあ、騙されたとしてもそれもまたエンターテインメントだと割りきって楽しくいきましょう。
なーに、「死ぬこと以外かすり傷」。
この精神でいきましょう。
ちなみに日程ですが、デリー、バラナシ、ムンバイを巡り、約17日間を予定しております。
まあ帰りのチケットはFixではないので、ずれる可能性もありますが。
その場その場に応じて対応していく予定です。
というわけで、インド旅行の始まり始まり~。

一日の始まりは……徹夜。
フライト中(昼11時半)に寝る為調整して起きてました。
でまあパッキングして(ティッシュ超多めに持って)、出発。
空港に着いてチェックインして、非常食買って、出国手続きを済ます。
さーて後はお得意のプライオリティパスで優雅に過ごすか、と思ったのですが、なんと成田空港第二は出国後にはプライオリティパスのラウンジは無いとのこと。
なんだってー!て、て、てめー、そんなんだからアジアのハブになれねえんだよ!Fuck !
と一頻りイライラしたのですが、まあロビーに行くと結構豪華な無料の個室が沢山あったのでそこで休みました。
休んだっつっても1時間ですけど。
で程なくして飛行機へ。
今回はなんと贅沢して直行便。
たった10時間乗れば現地入りです。
いつも20時間30時間かけて行くのが当たり前の僕にとってはもう天国みたいなもんです。
そしてこの機体、これもまた凄かった。
さすがANAというべきか。
飛行機の窓もデジタル制御なんですよ。
ボタンを押せば少しずつ遮光するみたいで。
こんなの初めてー。
しかも当然USBケーブルもあるし!
とウキウキ。
んでまあとりあえず動き出す前にお約束の睡眠薬でも、と思って飲んだのですが、正直元々眠かった事もあり、この後の記憶がほとんどありませぬ。
気がついたら9時間位寝てたのかな、離陸前に眠って、気づいたら到着直前でした。
なんちゅー楽なフライトだ……。
心の準備も出来ぬ間に、こんにちはインド。
で、このインド、やはり暑い。
蒸し蒸しします。
まあいつものフーディーを着てるからなんですけどね。
しばらくは無しで過ごすか。
でインターネットビザを取ってたのでそれで申請したところ、かなり呆気無く入国しました。
ふいー。
入国してまずはちょっとお金を両替。
その後早速メトロで中心地ニューデリー駅へ。
20分ぐらいで着きました(200円だったかな)。
駅について僕が真っ先にやったことは、4日後の寝台列車の予約。
何事もなければデリーからバラナシへ行くので、それのチケットを抑えたいんです。
んが、これが糞大変。
まず広いステーションで色んな奴にチケット売り場を聞くんですが、皆もう何言ってんだか全くわからず。
かろうじて英語言ってるんだろうな、ってのは分かるんですが、なまりが酷くてもうわけわかめ。
Other sideだっつーから行ったら全然違うし、Upper floorだっつーから覗いたらホテルだし。
もうここまで来たら鬱陶しいけど代理店挟んで買うかと諦め気味だったのですが、何故か僕の周りには客引きが誰も来ず。
お前らね、インド着いたら邪魔するレベルで集まってくるんじゃ無いのか、と。
どうして必要な時には来ないのか、と。
結局30分ぐらいたらい回しされたかな。
何とか今までの話を統合して考えてみるに、やはりこれはOther sideへ行かないと行けないような気がします。
もうでもここ行ったんだようなあと思いながら行ってみたら……、なんてことはない、こっちがメインステーションでした。
何だよ、空港から着いたところは逆側なのか……。
すっかりゲンナリした僕ですが、気合でチケットカウンターへ行きます。
外人専用のコーナーを見つけ、番号を取って並び、何とかユウキの番へ。
「あのー、バラナシ行きたいんだけど。勿論ファーストクラスで。一番高いやつで。ベッドがついてるやつで!」
と、頼んでみると、なんとラッキー、良い席があるとのこと。
ネットで見る限りこれを取るのに相当苦労するみたいだったから、こいつは嬉しいわ。
あひゃひゃ。
すっかりルンルン気分の僕。
それから次はホテルを目指します。
今回泊まるのはBloomroomsというホテル。
何やら出来たばかりでインドには似ても似つかないほどモダンなホテルだとか。
駅からも歩いて5分ぐらいだからこれは良し。
と思って向かっていったのですが、途中汚いチャイ屋を発見。
お、これが本場か、と思って飲んでみることに。
DSC_0053
一杯幾らか聞いたら10ルピーだって。
つまり20円。
やすー。
でこれなんですが、写真の右手にある大釜に牛乳が入っておりまして、手前の汚い鍋に茶葉があります。
注文が入る度に牛乳入れて煮沸させて濾すという原始的な作り。
まあこれなら良いか。
そう思って飲んでみたんですが、なるほど、これはなかなかイケる。
甘からず苦からず。
今回の旅では重宝しそうですわ。
すっかり満たされた僕、ホテルへ到着。
このホテル、なかなかにしてGood。
本当にインド?っていう位お洒落。
白と黄で統一されていて、システムも最新だし、日本のアパホテルとかよりよっぽど良い。
これで一泊3000円なんだからなあ。
まあインドで3000円って超高い方なんだけど。
肝心の部屋も勿論良し。
AC(クーラー)付いてるし、トイレも綺麗。
ベッド周りも最高。
Wifiシグナルも言うことなし。
これなら拠点として十分ですな。
と、荷物を置いてちょっとメールやり取りして一休みした後は、最後は飯でも食うかと。
ホテルのフロントに聞いたら、ホテルに併設してるカフェ行けっつーから行ってみる。
こちらも日本のカフェレベルに綺麗。
でカレーあるかって聞いたらあるっつーから、バターチキンを頼みました。
これにお水で500ルピー(1000円)。
高い……。
余所だと多分300円とかで食べれるんだよな。
まあ今日は初日だし夜だからここでもいいけど。
で初めてのインドカレーですが、やっぱり美味い。
日本のインドカレーと変わらない感じ。
こちらもチャイと同様今回の旅ではお世話になりますなあ。
ふふふ。
お腹も満たされて、後は寝るだけかなと思ったんですが、最後に一つ大切なことが。
それは「薬」。
そうなんです。
インドではおそらく100%の確率で下痢をします。
日本の下痢止めなんてのは一切効かないレベル。
なもんで、それならば最初から買っておこうというわけでファーマシーへ。
250円で良さ気なのが売ってたのでゲット。
これで一安心。
そしていよいよ全ての用事が片付いたので、ホテルへ。
部屋へ戻って一日を終えました、とさ。

ま、こんな感じですかな。
とりあえず行く前は超気乗りしなかった旅ですが、着いてみたらやっぱワクワクしますわ。
もしかしたら噂ほど酷い連中じゃないかもしれないしね。
まあ明日以降どうなるかは分かりませんが、今のとこ。
ちなみに明日は一日デリーを見る予定だったんですが、いきなりタージマハールへ行く事になりました。
タージマハール、明後日予定だったんですが、明後日休みらしいから。
なので朝7時に起きて出発します。
いきなり旅のハイライトの一つ。
さてさて、期待するレベルなのかな?
乞うご期待ですわ。

ま、そういうわけで、僕のインド旅行が幕を開けました。
皆さん最後までお付き合いくださいませませ。
そいではー!

インド旅行 一日目” への2件のフィードバック

  1. Bloomrooms検索したらほんとにモダンだね。インド要素全くなくて笑ったw
    無事な旅を祈ってます!

    • まじで全くインドっぽくはないよw
      綺麗だから超楽。
      旅の無事……もう手遅れだけど祈っててくれ(涙

ユウキ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です