インド旅行 十一日目

ユウキです。

今日はインド三大岩窟遺跡の一つエローラへ行って来ました。

一日の始まりは、朝5時頃。
昨日早く寝ちゃったのでこの時間です。
で急いで活動する理由がないのでマッタリ。
8時頃そろそろエローラへ行こうかなと思いだし準備を始めます。
が、エローラへ行くには市内のメインバスステーションまで行かないとならないのでちょっと面倒。
でふと一昨日空港で貰った営業名刺を思い出します。
何やらエローラへ車チャーターしますよ、ってやつ。
見てみると、ホテルからエローラまでのリターンチケット。
これで1200ルピー(2400円)。
うーん、これはどうなんだろうか。
自力でエローラ行くには、バスステーションまで往復で500ルピー。
バス代が往復で100ルピーほど。
〆て600ルピー(1200円)。
つまり1200円多めに払ってチャーターするか、1200円ケチって自力で行くか、になります。
で、冷静に考えた所、まあ当然チャーターすることにしました。
早速電話して9時にホテルへ来てもらう事に。
なので慌ててレストランでチョコクリスピーとチャイをお腹に入れる。
で出発。
エローラまではホテルから30分ほど。
乗ってたらあっという間に着きます。
到着したらまずはエローラの概要を軽く聞く。
何やら神殿がNo1からNo34まであって、No30以降の奴は離れた場所にあるとのこと。
なのでまずはその離れた場所へ連れてくからそれを見てくれ。
で、見終わったら今度はメインのとこ連れてくから、後は勝手にやれよ、ですって。
なのでまずはNo30以降のところへ連れてってもらいます。
これ車で行ったからいいけど、歩きとかバスだったら大変だったっぽい。
実際歩いてる人結構見たけど、距離結構あるわあ。
というわけで到着。
あ、ちなみにこのエローラという遺跡どんなんかと説明しますと、岩窟遺跡として有名で、その名の通り元は一つの巨大な岩。
それを削って神殿とか作ってるんです。
削るのは当然金槌とノミを使って地道にやります。
1世紀以上かけるので親子孫三代に渡って作ってるんだとか。
うひゃー。
しかも古代インドの寛容さというか、仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の3つの宗教の神殿が存在してるんだってさ!
と、いうわけで早速見学。
神殿をえっちらおっちら回ります。
……つかね、とりあえず、いやまじ、よくこんなん作りましたね、ッて感じ。
入り口から天井まで全部細部に拘って掘ってる。
柱とか神像とか計算されて作られてんだよなあ。
うーん、凄い。
驚嘆した僕、車に乗って今度は一番の見所であるNo16があるメインへ向かいます。
ガイドブックではNo16を見てしまうと他が色褪せてしまうから最後に見ろ、とまで書いてるので、天邪鬼ユウキは勿論No16から見ます。
んで歩きながら、あれかな?と目星をつけたところ、やっぱり一際目立つのがNo16でした。
で、見てみたところ、いやもう、これも一枚の岩から作ってるってまじかよ!って感じ。
神殿の内部には綺麗な像があって、それを支える小道具なんかも全て一枚の岩からできてる。
何階層にも渡ってできていて、階段や通り道もすごく丁寧。
これは今まで見た僕の遺跡シリーズの中には無い驚きです。
いやまあアイト・ベン・ハッドゥとかテオティワカンみたいにワクワクドキドキはしなかったけど、単純に凄いなと思いました。
んで中に高いところから覗いて見ても、やっぱり格好良い。
ビジュアルグッドな感じです。
DSC_0200
どうです?
これ全部一つの岩から削りだしてるんでっせ?
彼らの努力と根性には感服しますな。
すっかり驚いた僕、それから全部の遺跡を見回り(ちゃちゃっとだけどね)、またNo16まで戻り一休み。
もう一度堪能しました。
ってか、この遺跡、一つ不思議な事があって、何か知らないけど良く写真を撮られる。
いや表現がおかしいな。
「私達の写真撮ってくれませんか?」じゃなくて、「一緒に写真撮らないか?」ってやつ。
たった1,2時間で10回位お願いされたな。
まあ断る理由もないから笑顔で一緒に写ったけどさ。
そんなに黄色人種が珍しいのだろうか。
いやでも他のとこじゃそんな事無かったのになあ。
謎だ……。
ままま、というわけで満足した後、車へ戻り帰路につきました。
ホテルに帰ってからは少し休んだ後、昼飯。
昨日と同じバターチキンカレーとバターナンを食べました。
つか美味しいんだけど、そろそろいい加減飽きてきた。
毎回毎回カレーだからなあ。
デリーではチーズマカロニだのハンバーガーだのあったんだけど、ヴァラナシ以降結構カレーが多いんだよなあ。
うーむ。
ま、んで、その後はプールへ。
暑かったのでザバーンと泳いでたところ、何やらスタッフに注意される。
曰く「プールは9時から12時、16時から21時の間だけだよ」ですって。
なんで一番暑い時間やってないのか本当に謎なんだが、しょうがないので一旦部屋へ。
仕事のメール処理したり何なりして時間潰す。
で16時になったとこで再トライ。
流石に泳ぐ気温では無かったので、ひたすら読書してました。
積み本が少しずつ消化されたので良い感じ。
2時間ほどゆっくりしたかな。
蚊が多くなってきたので、部屋へ戻りました。
それからはずっとネットしてマッタリ。
で、しばらくしてお腹が空いたので飯でも食べることに。
んが、もう正直ホテルのカレーはお腹いっぱい。
とても食べる気になりません。
なのでネットで周辺を調べてみると、インド料理屋ばかりの中に光り輝くKFCの文字が。
やったぜ、俺達のKFC!
ということで早速ホテルを出発。
もうバーガーを食べるき満々です。
んが、分け入っても分け入っても荒れ地。
そこにはKFCがある雰囲気無し。
と言うか超ローカルの店ばかり。
流石にこれはGoogle先生間違えだよと思い、出店を覗いて帰ることに。
中にはハンバーガーの絵が描いてる店もあるんですが、メニュー持ってるかって聞くと誰も英語がそもそも通じない。
んでそうこうするうちに住民がゾロゾロと集まってくるわけで。
なんだかフライドチキンとかフライドフィッシュなら作れるぜ!とか言い出して、生きてる鶏とか魚の切り身とか持ち出してきます。
流石にこの雰囲気でパスタが食べたいとは言えず。
適当に切り上げて帰りました。
つかここでも何枚も写真撮られた。
多分僕が黄色人種ということ以外にも髪型がロングヘアーだからってのがあるんだろうな。
皆面白いように群がって、髪の毛触ってきたり、我先へと肩組んできてセルフィーで撮ってくよ。
しかも超盛り上がってるし……。
で、肝心の飯はというと、結局ホテルのレストランで食べることに。
最後の抵抗とばかりに、フレンチフライはあるか?って聞いたら、そもそもフレンチフライを知らなかった。
そんなバカなと写真で見せたら、これインドじゃフィンガーチップスって言うんだってさ。
キャッキャ言いながら話してしまった。
で分かったんだけど、やっぱ僕のロングヘアーが珍しいみたい。
確かにインド人の男は皆ショートヘアーだからなあ。
それで皆していつも触って笑うのか……。
結局飯はチリガーリックポテトとクラブサンドイッチを食べました。
味はなかなかいけてた。
サンドイッチしょぼかったけど。
まあカレーよりはマシか……。
そうそう、またカレーの話なんだけど、ほうれん草のカレーをユウキ結構好きで日本で食べるんですよ。
これの名前がパラク・パニールって言うことが判明しました。
明日フレンチフライと一緒に食べてみます。
小さい楽しみが出来たー。
んでお腹が膨れてコーヒーで一息入れた後、部屋へ帰ってシャワーを浴び、ようやく一日が終了しました、とさ。

ま、今日はこんな感じ。
エローラがまあ悪くなかったので満足。
明日はもう一つの世界遺産アジャンターへ行こうかどうか悩み中。
というのも片道3時間ぐらいあるんですよ。
ネット見る限りあんまり良さそうでも無いし。
かと言って他にやることもないからなあ。
うーむ。
ちょっと考えます。
多分行かないと思うけど。

ま、そいだけー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です