スリランカ旅行 三日目

DSC00052

今日はこの旅のハイライトであるシーギリヤへ行って来ました。
他にも色々回ってとても濃い一日でした。一日の始まりは朝6時。
仕度をして朝食を食べて、7時からタクシーを借りきってシーギリヤへ向かいました。
20分ほど進むともう遠めからでも見れる距離に。
さらに進んで近くに来た時にはその雄大さにちょっと感動。
数年前にどこかのサイトで見かけてずっと気になってて、いつか行きたい場所に挙げていたので、ようやっとのご対面です。
嬉しい嬉しい。
で、早速登りはじめたんですが、これが本当に大変。
急な斜面で1200段ある階段は、普段運動しない僕にとっては苦行。
ちょっと進んでは休み、ちょっと進んでは休みとちっとも進まない。
なんとか30分ほど歩いたところで、まずはシーギリヤレディとご対面。
この壁画を見るためだけにどんだけ苦労したことか。
ま、なんというかインドっぽくて僕が今まで見たことのないタイプの絵でした。
写真もパチリパチリと撮って大満足。
それからまたえっちらおっちら進み、死にそうになりながら頂上へ。
はい、踏破しましたシーギリヤ。
うーん、こんなジャングルの奥地の高い岩山に神殿を建てるなんて、どんだけロマンティックな王様だったんだ。
ギリシャのメテオラもそうですが、人間ってのは何考えるかわかりませんなあ。
でも頂上はちょっとさみしい感じ。
もう少しなーパルテノン的なのを想像してたんだけど、こんなもんか。
まあ、本当に疲れましたがシーギリヤはこれで終わり。
それから次はS氏が見たいというので宝石屋へ。
ここではどうやって宝石を発掘し、研磨してるのかを実際に見せてもらう。
んで売り物も当然チェック。
意外なほど安く、ブルーサファイアのピアスは3200円でした。
散々悩んだけど買わず。
ちょっと後悔。
それから昼飯。
ここではタクシードライバーのオススメでカリーを食べました。
コーンのカリーと例の鮭フレークみたいなもの(ココナッツの身ということが判明)が出る。
で、悩んだ末に僕、スリランカスタイルを実行。
遂に「手でカリーを食べる」のアチーブメントを手に入れました!
スリランカスタイルの感想はというと、、、カリーとライスが熱すぎて食べにくかったです(結局途中からスプーンで食べた)。
飯を食べたあとは次なる世界遺産、ポロンナルワの見学。
シーギリヤから1時間ちょっとだったかな。
うろ覚え。
まあそこまで遠くはありません。
ここはタクシードライバーに要所要所まで連れてってもらって見学することに。
まあインドっぽい遺跡が沢山ありました。
遺跡は点在しておりそれぞれが結構離れてたので、ここはタクシーをチャーターしないと厳しかったです。
しかも似たようなのばかりで最後の方は飽きてきたし。
そうそう、この遺跡、なんでか分かりませんが、靴を一々脱がないといけません。
勿論屋内なら分かるのですが、この遺跡全部屋外にあるんです。
だから砂利道とかレンガの上とかを全部素足で行くのですが、もう熱くて痛くてとてもじゃないけど落ち着いて見れず。
靴下はOKみたいなのでまだ救いがあるのですが、素足の外人とかは悲鳴をあげてました。
さらに写真も像にお尻を向けて取るのも禁止。
普通、取りたいものの前に立って写真撮りますよね、これがアウト。
間が悪いことにS氏は軍人に見つかってしまい、デジカメの写真を全部チェックした上でDeleteさせられてました。
さらに帽子かぶってるのまで怒られる始末。
踏んだり蹴ったりですな、たはは。
んでまあこの遺跡をたっぷり見た後、次はS氏の希望で象乗りへ。
僕、象はラオスとタイで乗ったのであまり興味なかったのですが、まあ安いし付き合うことに。
30分ほどゆったりと象に乗りました。
二人で3000円ぐらいだったかな。
湖の周りを歩いたんですが、意外に景色がよくゆったりとした時間だったので、結構リフレッシュできました。
それから帰り道にさっき寄った宝石屋へ。
結局3200円のブルーサファイアピアスを買いました。
安いしスリランカの思い出になりますからね。
そして次はアーユルヴェーダへ。
スリランカに来たんだからこりゃやらないとマッサージ好きの名がすたりますからな。
1時間半コースを申し込みました。
まずはローションを全身にすりこみます。
頭をグワングワンゆすられたり、全身をもまれまくる。
まあ日本のエステとココらへんは変わりません。
お次はスチームベッドへ。
床に香草がしかれその上に横になり、上から全身に鉄のカバーを被されます。
で15分放置されるのですが、これがもう熱くて熱くてたまらず。
何度も音を上げようと思ったのですが、なんとか我慢。
お次はサウナに入りまた汗をかき、最後は丁寧にタオルで汗を拭き取られて、ローションを塗って終わり。
スッキリリフレッシュです。
でもアーユルヴェーダって本来は1週間とか1ヶ月とかかけてやるものらしいので、いつか挑戦してみたいです。
最後は夕飯。
なんだか近くに5つ星のすごいホテルがあって超オススメらしいからそこで食べることに。
ヘリタンス・カンダラマというこのホテル、確かになかなかお洒落な作り。
受付の女性もとても綺麗だし、ライトアップも見事。
でも正直なこと言うと、せっかく土地が安くて広大なんだから、もちっとそこら辺を活かした演出しても良かったよな~とか思ったり。
トルコのチュランパレスやモロッコのホテルに比べるとちょっと見劣りしました。
ラウンジもまあ想像の範疇でしたね。
までも、飯はバッフェスタイルでとても美味しかったです。
カリーだのチキンだのマッシュポテトだの(!)たらふく食べてお腹一杯。
大満足です。
んで後はホテルに戻って一日が終わり、となりました。

いやー念願のシーギリヤでしたが、まあそこそこ期待に答えてもらった感があります。
登るのに相当疲れましたが、それでも行ってよかったと思います。
テンション上がりましたね。
ま、興味がある人は行っても悪く無いですが、是が非でも行かなければいけないレベルではないってところ。

そうそう、タクシー代ですが、ダンブッラ→シーギリヤ→ポロンナルワ→象→アーユルヴェーダ→5つ星ホテル→ダンブッラと12時間以上拘束して、二人で11000ルピー(7000円ぐらい)でした。
ご参考までに。

そいではー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です