中欧・東欧旅行 十三日目

ユウキです。

今日は昨日行きそびれたボスニア・ヘルツェゴビナへ行きました。

朝は昨日同様7時起き。
バスに乗り出発です。
眠かったのでウツラウツラしてたらいつの間にか国境へ。
適当にやり過ごして進む。
トイレ休憩しながら、程なくしてボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルへ到着。
モスタル。
ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産の街で、スタリ・モストという橋が大変有名。
内戦の後がまだ残る中、唯一と言って良い感じの観光名所です。
で、早速散策を開始したのですが、この街も相変わらず狭い。
メイン通りは5~10分ぐらいで歩けちゃう感じ。
またそのスタリ・モストですが、なかなかにして雰囲気ある可愛い橋ではあるんですが、ぶっちゃけ単なる古いヨーロッパの橋じゃねえかと言われればそれまで。
DSC_0182
街もやっぱり戦争の後なんで貧しい感じがするし。
やれやれ。
で、ぶっちゃけやることが全くなくなった僕は、適当におみやげ屋を覗いて時間をつぶします。
それでもまだまだ集合時間まであるし何しようかと思っていたのですが。
突然橋の外側の縁に立っていた地元のあんちゃんが、皆から金をせびり出します。
なんだなんだと思ったら、何やら橋から河へジャンプするから見学料くれ、とのこと。
んなこと言われてもしらんがな。
誰も頼んでないしお前が勝手に飛ぶのになんで金払わにゃならんのよ。
と大半の人が無視していたのですが、それでも少しずつお金を払う人が出てきて(というかあんちゃんが五月蝿い)、周りもなんだなんだと集まってきます。
大体20分ほど経った頃かな、あんちゃんもそろそろいいだろうということで、ダイバースーツに着替えて橋に立ちます。
そして、皆が固唾を呑んでるわけじゃないけど適当に見守る中、あんちゃん遂にダイブ。
まっすぐ落ちて河に着水しました。
んが、周りの反応は全くと言って無反応。
僕もう少し拍手喝采があるんだと思ってたんですが、誰も囃し立てること無く静かに終わりました。
メキシコだったら盛り上がったんだろうけど、ここボスニア・ヘルツェゴビナなんだよね。。。
この国の気性を見た気がします。
その後はバスの時間になったので乗り込み、遅めの昼飯を食べにガイドおすすめのお店へ行きます。
河の中に立ってるレストランで、ユウキはこの旅初めての焼き魚を食べました。
僕焼き魚なんて日本でも5年に1回ぐらいしか食べないのに。
まあなかなか美味かったから良しとするか。
値段もドブロブニクの半額ぐらいだったし。
その後はブラブラしつつ帰路へ。
また国境をまたいで夕方にドブロブニクへ戻ってきました。
ツアーから戻ってきたユウキ。
メールをチェックすると頼んでいた地球の歩き方が届いていました。
早速DLしてiPadとスマホに取り込む。
いやーこれで旅が続けられる。
で、色々考えた後にこの先の旅程の大部分をFix。
まずローマに飛んで、それからマルタへ行きます。
その後マルタからチュニジアへ抜けて、ヨルダンへ飛び、帰国。
正直チュニジアだのヨルダンだの治安が悪いので怖くて仕方ありませんが、どうしても見たいものがあるので混ぜ込んじゃいました。
ローマ、マルタ、チュニジアは全て飛行機もホテルも手配済み。
後はヨルダンを抑えたらこの旅何も決めることなし。
時間はたっぷりあるので、明日以降ヨルダンを決めようと思います。
ま、旅程が決まった後は、この旅3回めのブラックリゾットを食べて、ホテルの代金払って、洗濯して、一日を終えました。

いやー、今日はボスニア・ヘルツェゴビナだったんですが、まったり進行でした。
特に見応えがあるわけでもなし、ボケボケです。
明日は一日休息日。
やることないので、ホテルでネットしたり、ドブロブニクをまったり見学したりする予定。
旅もまだまだ続きますし、頑張っていきますかー!

そいだけー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です