中欧・東欧旅行 十七日目

ユウキです。

本日は一日ポンペイ観光日です。
念願かなっての訪問でしたが感想はいかに。

一日の始まりは6時45分。
もうこの旅は毎度毎度朝が早い。
なんでこんな早いのかっつーと、ローマからナポリへ行く便が7時45分だから。
気合入れて一番最初のを予約しちゃったわけです。
でまあ駅ついてハムとチーズとルーコラのパニーニ食べて出発。
ファーストクラスだから快適快適。
距離も短く到着は1時間ほど。
あっという間にポンペイです。
ワクワク流行る気持ちを抑えつつチケットを買って入場。
目の前に広がる遺跡に胸が高鳴ります。
早速回ろうかと思ったのですが、もう一番最初にメインディッシュを持って行こう作戦をしました。
というわけでお目当ては「悲劇詩人の家」の「犬のタイル」。
そう、JOJOとかお好きな人なら見たことはあるかもしれませんが、有名な獰猛犬注意のモザイクタイルです。
あっち進んでこっち曲がって、と分かりづらい道を歩き家の前に到着。
んが、なんか変。
入り口にビニールシートが掛かってるんです。
おかしいな、なんでだろうと思ってると、中に人がいて「裏から入れ」とのこと。
あー良かった~と裏から入っては見たものの、入り口に仕切りがしてあって入れず。
え、まじなにこれ?と思って聞いてみると、なんとなんと現在修復中で入れない&見れないとのこと。
おまえええええええええええ、遥々日本から来たんだぞ!!!
っともう激怒しようかと思ったのですが、まあゴネても全然駄目。
しょうがないから工事中の看板を撮って後にしました。
つかもう僕この時点でテンションだだ下がり。
もうこれだけ見に来たといっても過言でもないぐらいなのに、この有り様。
なんなのこれ。
そうこうしているうちにムカムカしてきちゃって、頭の中が熱くなってきます。
僕をご存じの方ならわかると思うんですが、このモードになるともう駄目。
ちょっとやそっとじゃ回復しないんです。
あー本当になんたるちゃあ。
このまま帰ろうかと思ったのですが、まあせっかく来たんだしなんとか気分を入れ替えて次行こう持ち直してみたんですが。
もう一つの小さなお目当ての「ヴィーナスの壁画」。
なんとこちらもクローズドで入れない状況。
「あのな、イタリア政府な。補修は分かるよ補修は。日本だって姫路城とか補修してる時あるしな。でもな、おまえな、なんで目玉を同時に補修するんだ?両方共見れない気持ちになってみろよ?」と気分はもう戦争。
というかFuck’nイタリア人は***だから、***の時だって***なんだろうが!!!
あー糞、イライラする。
というわけでこの後の観光はもう散々。
もうムカついて見る余裕なんて何もなし。
一応全部写真撮ってひと通り回ったんですが、頭のイライラがつのってぶっちゃけそれどころじゃなかったです。
つか犬のモザイクタイルが無いポンペイなんて、単なるよくある遺跡じゃねえかよ。
くそっこんな遠くまで来たってのに。。。
まあ、そういうわけでほうほうの体でポンペイを後にしました。
さて、あっという間に終わったポンペイ観光。
時間が随分余ったのでナポリ、というか南イタリアを回ろうかと思ったんですが、まあそんな気が起きず飯食って帰ることに。
本当はカプリ島とか寄っても良かったんだけどね。。。
ちなみに飯はナポリということでマルゲリータを食べました。
何やら本場のナポリでもとても有名なところで、30分ほど並んでようやく入れた感じ。
ピザはすごく大きかったんだけど、さくさく食べれました。
味は、、、まあ普通のマルゲリータでした。
昨日も言ったけどまずくはないんだけどね、、、。
考えてみりゃトマトソースにチーズとルーコラ乗せただけだから逆に違いがあったら驚くってか。
と、言うわけでナポリからローマへ戻る。
ちなみに帰りのチケットは一番安いセカンドシートにしたんだけど、日本の新幹線ぐらいに快適でした。
行きはファーストだったからすごかったんだけど、ぶっちゃけこんなレベルならセカンドでも問題なかったかな。
まあいいけど。
さて、ローマに着いたので部屋へ帰ってふて寝するかと思ったのですが、そういやまだ僕こちらにきてジェラートを食べてないことを思い出しました。
で、ここでちょっとだけローマのジェラートに関する小咄をさせてください。
僕20年前にローマに来たんですが、おそらく15年ぐらい前にローマの空港にも着てるんです。
どこかからの空港のトランジットで使った感じ。
で、その際空港で食べたことのない美味しいジェラートを食べたんです。
その味はまるでケーキを作る際のタネの味といいましょうか。
とにかくうんまいんです。
で、必死に名前を記憶していて「Crema de venchi」というキーワードを覚えていたんです。
ただこの名前、日本では馴染みがなくて今まで見たことありません。
それでネットが流行りだしてから、ネットのサービスで聞いたところ「それはイタリアでいうバニラだ」と回答を貰ったことがあるんです。
その回答を頼りに僕海外に行くとあの味を求めていつもバニラを頼んでたんですよ。
チョコ食べたくてもバニラ、ミント食べたくてもバニラ、ピスタチオ食べたい時はピスタチオ、という感じで。
でも15年間で一度もあえなかったですわ。
それをず~~~っといつも片時も忘れず頭にいれてたんですが、残念ながらこの旅行でも今までバニラを何度か食べたんですが違ってたんです。
そんな小咄を思い出しつつ、ローマのジェラート屋に話を戻します。
僕この時点でまだイライラカリカリしてたんですが、甘いものでも食べて落ち着くかと思ってジェラート屋へ。
んが、長蛇の列で買えず。
諦めて帰ろうと思ったところ、ちょっと離れた所に値段が3倍ぐらいする高級ジェラート屋があるじゃないですか。
ここなら高級バニラとかあるかな~と覗いてみると、なんとそこには「CREMA VENCHI」の文字が!
これはこれはもしやもしやと思って頼んで食べてみると、、、。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
これですよ!これこそ15年間探し続けてた味なんですよ!
ちょっと黄色がかったこの色。
ケーキを作ってる時の匂い、そしてその味。
まさにこれなんです!!
CREMA VENCHI !!!
この時は嬉しかったなあ。
もう15年間まじで海外行ったらいつもバニラ食べてチェックしてたんだもん。
ようやく出会えたよ。
僕まじ感動。
もう少しでリアルで泣きそうでしたわ。
これで一日の疲れが取れます。
いやー良かった、本当に良かった。。。
というわけでジェラート一つで気分がちょっと回復(なんじゃそりゃ)。
ホテルについて一息つきました。
2時間ほどまったりした後は、夜7時ぐらいになってたので、初日チャレンジしたカルボナーラ発祥の店へリベンジ。
小汚い格好で行っちゃったので断られるかなと思ったら、なんとか入れた。
でカプレーゼとカルボナーラをオーダー。
適当につまみつつ待っていたらカルボナーラが到着。
オリジナルの味を実食です。
何というか本場は生クリームを使わないで作るらしく、あんま日本で食べたことのない味でした。
まずくはないし、これならこれでありっちゃありかな、ッて感じ。
カルボナーラといえば違和感あるけれど、まあ卵のパスタというかなんというか。
って間違えてるのは僕なんだけどね(・ω<)
で、お腹も膨れて満足した後は、ホテルに戻り、洗濯して、今度こそ一日を終えました。

いやー何というか超楽しみだったポンペイがこんな結果になってしまって本当に残念です。
無念でたまりません。
まあイタリアならまたいつか来るだろうからそれの楽しみでもいいんですが。
やれやれ。。。
あとCREMA VENCHIは最高でした。
何度かこれから食べちゃいそうな気がします。
明日はバチカン市国に行きます。
以前見そこねたラオコーンを見に行くというタスクがあるんです。
でも疲れたから朝は遅めに行こうかな。
朝早いのは疲れたよ。
というかマッサージをしないと体がもたないんだけど、日本でやるより高いのでどうしても二の足を踏んでしまう。
お金は沢山あるんだけどマッサージだけにはお金をケチる不思議なユウキ。
なんだろうこの感覚は。。。
別にいいけどさ。

とま、そういうわけですわー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です