中欧・東欧旅行 二十日目

ユウキです。

今日はイタリアからマルタへの移動日。

朝の始まりは6時45分。
ささっとパッキングしてテルミニ駅から空港へのシャトルバスへ乗り込みます。
揺られること50分ほどで到着し、すぐにチェックイン。
出国手続きが終わるとピザを買ってまたPPのラウンジへ。
ここはコーヒーをいちいち淹れてくれるなかなか気の利いたところでした。
でフライトの時間になって乗り込み、「コクリコ坂」を見ていたらあっという間にマルタ到着。
1時間は短いね。
「はじめましてマルタ共和国」をした後は、普通のバスで移動。
スケジュール的には、首都ヴァレッタに3泊4日した後、リゾート地セントジュリアンのインターコンチネンタルで3泊4日する予定。
なので今日はヴァレッタに向かいます。
適当に揺られてたらあっという間に到着。
バス乗り場を降りたらすぐに街が広がります。
最初の印象は「かなり好み」。
来てみて初めて知ったんですが、ヴァレッタは煉瓦と土で家ができてて、全体的に街が茶色なんです。
雰囲気がモロッコとかに近いのかな。
今まで散々大理石の建築物を見てきて飽き飽きしてた上に、アフリカや中近東に惹かれつつある今の僕には、まさに最高。
しょっぱなからワクワクします。
DSC_0333
でホテルにチェックインして、ネット回線だけ試した後は、まだ昼2時なので早速出発。
昼飯に中華料理(酢豚と炒飯)を食べた後に街観光。
地図を片手に網羅する勢いで散歩します。
ヴァレッタの街はあまり大きくなく、直径一キロあるかないかぐらい。
なので普通に歩いても結構すぐ端っこに着きます。
で、歩いてみてわかったんですが、この街とてもアップダウンが多い。
なんでこんな小さなエリアにこんな坂を沢山作るんだかって感じにある。
普通に歩いてても結構疲れちゃうんですよ。
しかもマッサージ屋が無いと来た。
これはちょっとなあ。
僕、マルタになんで寄ったかっていうと、下見の意味合いが強いんですよ。
つまり今年末ぐらいからもしかしたら海外にしばらく住もうと思ってまして、マルタがその候補というわけ。
で、ヴァレッタにも不動産屋があったので覗いてみると、一人用の部屋とか月3万とか5万で借りられるみたいなんで割りと良いかなと思ってたんですよね。
でも歩いてみると結構この街不便ですわ。
雰囲気がよくて、至る所にテラス付きのカフェがあるから好みなんですが、特に娯楽もない上に、移動が辛い。
うーん、再検討の必要あるか。
とまあそんなことを考えながら街をひたすら散策。
高台にある公園に入ってみたり、港を歩いてみたり。
疲れたらカフェでコーヒー飲んで休んで、一息ついたらまた散歩。
こんな感じ。
で、いい加減歩いて疲れたら夕方になったので、一旦ホテルへ。
適当に夜まで休み、お腹が空いたのでレストランへ。
レストランではブルーチーズのラビオリとガーリックブレッドを食べる。
で、最後はホテルの風呂で久しぶりの湯船に浸かってリラックスして、就寝です。

いやー、マルタ、遂に到着ですわ。
インターコンチではひたすらプールに入る予定なので、それまでは頑張って観光します。
明日はヴァレッタよりは近代的な街のスリーマという街へ行く予定。
フェリーで5分ぐらいなので楽々ですな。
娯楽やレストランが結構あるみたいなので、気に入ったら不動産とか覗いてみようと思います。
あ、そうそう、マルタの物価ですが、下調べした段階では激安らしかったんですが、まあ言うほど安くはなかったです。
イタリアやクロアチアに比べたら安いけど、ハンガリーに比べたら高い、かな。
まああんま見てないから何とも言えないけどね。
明日以降また調べてみます。

そいだけー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です