ネパール旅行 二日目

ユウキです。

旅二日目、ようやくネパールの地へ着きました。

一日の始まりは……ソウル仁川国際空港のラウンジから。
前日19時頃から入り、結局なんと深夜も開いていたので翌朝の7時まで気合で居座りました。
でもその影響で、もう腰がガクガク、お尻スレスレ。
体力がかなり落ちてました。
シャワーでも浴びようと思ったんですが、先約で埋まってるとのことで断念。
しょうがないのでネパール・カトマンズ行きの飛行機にそのまま乗りました。
今度の座席はエコノミーの一番前。
非常口があるので前が空いてる座席です。
これはエコノミーで言えば一番大当たりなんですが、疲労困憊の僕にとってはただただ辛いだけ。
しかも7時間という長くもなく短くもない中途半端なフライトなので、お決まりの睡眠薬で乗り切る作戦が使えず、さらにビザの書類書いたり何したりと大変でした。
徹夜明けにそんな頭を使って、「もうやめて!僕の体力は0よ!」状態だったんですが、なんとかかんとかカトマンズへ到着しました(お尻がヒリヒリする)。
それからビザを事前取得していないので、空港でもらえるアライバルビザの列にいの一番に並び、何とか真ん中辺りをゲット。
これ、一番に並んだから良かったものの、後から来た人は長蛇の列を形成してたので、最初に向かって正解ですな。
そうこうするうちに僕の列だけサクサク進んだので、30分ほどで無事ビザをゲットし入国しました。
とりあえずネパールの感想はというと、暑い。
そうなんです。
標高が高い位置にあるはずなのに、もう30度ぐらいあるんです。
僕厚着してきちゃったからたまらないたまらない。
それでも何とか待ち合わせの人と合流し、ホテルへ向かいました。
車で行くこと20分、なんとかホテルへは到着したのです、が、が、が。
このホテルなかなかすごい作りでした。
ホテルの名前は「Kathmandu Boutique Hotel」。
今回選んだ理由はHotels.comかなんかで評価がとっても高かったからなんですが、それ以外にも破格のお値段なんですよ。
なんと一泊2200円。
僕、こんな安いの泊まったことないけど、まあ評価高いから問題ないだろうと思ったんです。
いや確かに外装は少しは頑張ってるんですよ?
白い内装が綺麗なんです。
が、それを忘れるレベルに中がすごいんです。
まず入ると天井が低い。
最初に言われたのが「Mind your head」ですからね。
普通なら1階と2階で構成する所を中一階を作って部屋数を増やしてるんですよ。
なもんで頭を下げて移動しないといけない。
なんとか3階の僕の部屋まで(階段登って)辿り着くんですが、部屋入っても天井が低い。
さすがに入口の奥からは少しましになりましたが、ジャンプはできません。
やれやれ。
で一通り部屋の説明を受けるんですがこれもなかなか面白い。
曰くお湯はソーラーシステム使って沸かしてるから1分間水出せよだの、電気大切に、だの。
そんでようやく一人になったので、着替えて、ネットでチェックでもするかと思ったら、今度は充電が出来ない。
何やねんと思って問い合わせたら、ここで出ました計画停電。
丁度僕が着いたと同時に行われたようです。
「ここは日本じゃないからね、我慢してね。ははは」ですって。
つか一日9時間もあるみたいですよ。
アンビリーバブル。
まあもう文句言ってもしょうがないですな……。
そんなわけで部屋に荷物を置いたら、まずは唯一のイベント、ヒマラヤトレッキングのツアーを手配。
なかなかよい感じのが予約できたので、火曜日辺りに行ってくることにしました。
それからいよいよカトマンズ探索に出かけることに。
お目当てはオールドタウンのダルバール広場ですが、今日はお預け。
とりあえずツーリスト達が集まるタメル地区へ向かいます。
んで早速街を歩いたのですが……。
この街、車が多すぎる。
もうね、何というか本当に雑多な小汚いアジアって感じの街並みなんですが、そこかしこにオートバイと車が入ってくるんですよ。
しかも何故か皆常にクラクション全開モード。
五月蝿すぎて頭痛くなるし、排気ガスで鼻やられるし、もうひどい状態です。
これはいただけない……。
まあ文句言ってもこれから一週間ずっとお世話になるわけなので、とりあえず散策。
適当に歩いてマッタリ。
何というか車さえ気をつけていれば、異文化のゴチャゴチャした街なので歩くのは楽しいんですよね。
路地の奥の奥に色んなお店が入ってたり、掘り出し物屋があったり、とか。
冒険心をくすぐられます。
で、ちょっと小腹が空いたから、ネパール名物のモモ(蒸し餃子)を食べてみる。
どんなのがくるかとおもったら、150円でデカイのが8個もついてきた。
小籠包みたいで美味いんだけど、でもこれ本当に単なる餃子だよな……。
ま、まあ、そうやって少し元気が出てきた僕、次に向かったのは僕の十八番、タイ古式マッサージ。
ネパールのマッサージの質と値段のチェックを兼ねて向かいました。
気になるお値段は、60分で1500円、105分で2400円。
何というか微妙かな。
日本に比べりゃ安いけど、ありがたがって回数こなすほど安くは無し。
ベトナムとか600円だからね。
まあ腕前はなかなかで気持ちよかったからいいけど。
その後今度は一週間分のTシャツをゲット。
3枚で1200円。
これで今回は洗濯しないですみます。
用事が終わったので、また適当に街をぶらつきながらホテルの方面へ。
最後寝る前に飯でも食べようかと思ってレストランを探しました。
んが、目ぼしいものが見つからず。
しょうがないのでホテルのガードマン(?)に聞いたら、目の前の廃墟を指さして、ここがレストランだよ、とか言ってきた。
おまえね、どう考えても誰も住んでないだろ、と思ったけどとりあえず中に入ったら、すごく薄暗い中に机と椅子があり、奥に子供とおっさんが座ってました。
おそるおそる飯はあるのかと聞いたら、一応ある、ですって。
もう何でもこいとばかりに、フライドモモ(100円)と卵フライドライス(100円)と水(20円)を頼む。
本当に料理なんて出て来んのかよと思ってたら、意外にまともなのが出てきた。
しかも信じられない量。
おまえね、100円しか払ってないのに、なんでこんな量出すねん。
と突っ込みたかったんですが、もう疲れてたので、食べれるだけ食べて半分ぐらい残して帰りました。
んでホテルについて、停電が終わったのを確認してからネットして一日を早めに終えることにしました、とさ。

というわけで、何とかたどり着きました。
こんにちは、ネパール。
一旦ついちゃったら後は移動がないので楽々です。
予定もトレッキング以外いれてないからね。
明日は一日ボケボケとカトマンズ市内散策です。
気が向いたら遠くに行くかも?
まあ分かりません。
そうそう、カトマンズですが、物価高いのは高いけど、飯と宿は半端無く安い感じです。
まあ高いっつったって日本よりは半額ぐらいなんだけどね。
明日も色々買う予定なので、引き続きチェックしてみますわ。

そいだけー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です