東南アジア旅行 十一日目

BlogPaint

今日はアユタヤー観光をしました。

一日の始まりは6時。
現地ツアーに紛れるため早めの出発です。
で待ち合わせ場所が僕のホテルの前だったはずが、なぜか遠いインターコンチネンタルと判明し、慌てて出発しました。
電車を乗り継ぎ到着。
合流した後バスでアユタヤーへ出発です。
ちょっと眠かったのでうつらうつらしてたらいつの間にか到着。
これがツアーの良い所ですなあ。
んでツアー開始。
まずは涅槃像を見ました。
ま、でもこれ作られたのは最近なんだよね。
だから有り難みもなし。
ああ、男の子に関してはちょっとした舞台ですわ。
これスト2のサガットの舞台の背景です。
それだけ。
次は象に乗ります。
ここでもエレファントライドですな。
でも僕ラオスで沢山乗ったし、写真は現像したものを一枚ずつ販売するみたいだし、正直気乗りせず。
Aコース、Bコース、Cコースがあって、それぞれAが一番短く10分程度、Cが一番長いとのこと。
でAコースだけ無料なんですが、ツアーの皆は全員Cコースにしてました。
その中一人テンション低めで一番先に乗りAコースを回った後はバスで休んでた僕。
空気読めって感じですな。
そんでもって次はアユタヤーの遺跡「ワット・プラ・シー・サンペット」を見学。
まあいかにもアユタヤーの作りなんですが、正直あんまりピンと来ませんでした。
それなりにい素敵ではあるんですが、正直もうアジアお腹いっぱい感があります。
でもすべての像の首が盗まれてる光景には、ビルマ軍に怒りを覚えました。
どんな理由であれ芸術を破壊するのは良くないよね。
つか破壊したのは売るためだって、どんだけ野蛮なんだFuck。
最後はアユタヤー最高の見どころ、菩提樹に包まれた顔像「ワット・プラ・マハタート」の見学です。
一番期待しているものですな。
このためにきてるんですもん。
んが、これが超拍子抜け。
今まで見た写真から勝手に想像するに、深いジャングルの奥に大きな木があって、そこに埋もれてるんだとばかり思ってた僕。
景色的にはラピュタの中庭の森に埋もれてるロボット的なのを求めてたんです。
んが、入り口目の前に小さい煉瓦の壁がちょっとだけあって、そこの裏側にいきなりありました。。。
包み込んでる木も普通の木。
なんだよこれ、写真の詐欺じゃねえか。
イメージ戦略かよ。。。
というわけで僕がアップする写真は普通のアップ写真ではなく、全体像がなんとなくつかめるのをチョイスしました。
これで皆夢から醒めてくれ。
と、3つまとめて見たところでこのツアーは午後1時頃インターコンチネンタルで解散。
ま、ツアーを毛嫌いするんじゃなくてこういう使い方ならありかもですな。
その後はタイで一番神聖なお寺「ワット・プラケオ」とタイ古式マッサージの総本山「ワット・ポー」の見学です。
んが、これが相当難儀。
ここに行くためのアクセスが悪すぎるんです。
駅が全然周りにない感じ。
しょうがねえなあ、トゥクトゥクでも乗るかと思ったら、250バーツ(1000円弱)も要求され、怒りのランボー。
タイの物価で1000円も払ってられるかと思い、とりあえず最寄りの駅まで電車で向かう。
んでそれからひたすら歩いて行ったんですが、正直ワット・ポーの閉館時間まで間に合いそうになかったので、仕方なくいやいやトゥクトゥクへ。
150バーツ(500円)でした。
で、まずはワット・プラケオを見ようと思ったんですが、ここ拝観料が1500円ぐらいかかるんですよね。
しかも建物自体ついこないだ知ったレベルだし。
それにワット・ポーの時間も迫ってるし。
というわけで入り口を覗いて中に入らず出ることに。
その足でワット・ポーへ。
ワット・ポー、ここは黄金の涅槃像があるお寺。
そしてタイ古式マッサージの総本山なんです。
マッサージ大好きのユウキは勿論タイ古式マッサージが一番お気に入り。
となるとここに来ないわけには行きません。
涅槃像は適当に見てとりあえず裏にあるマッサージ施設へ。
1時間450バーツ。
OKOK,これぐらいなら幾らでも出すよ。
と言うわけで結構な人が待ってる中ユウキも待ちます。
大体40分ぐらい待てと言われたけど、20分ほどで僕の番が。
中に入ると結構な広さのマッサージスペースが。
施術者は20人ぐらいいたかな。
随分反響でした。
で、まずはズボンを着替えろということでズボンを着替えた僕。
次は暑いならTシャツも脱いでいいよということで脱ぐ。
そしていよいよ開始。
ムギュムギュ。
むぎゅー。
あー至福。
まさに最高の空間ですわ。
なんというか奇のてらった事は一切いなく本当にスタンダードな手順なんですが、それが一つ一つレベルが高くて良し。
わざと音を鳴らすとかダイナミックなことはしないで、正統派で勝負する感じ。
もうこのまま昇天しそうでした。
夢見心地になりつつあっという間に1時間が経過。
頭がほんわりして足元が不安定になりながらワット・ポーを後にした僕でした。
で、ここからが大問題が。
ユウキ寝そうになりながらガイドブックでトゥクトゥクの料金調べてたんですよ。
だって1000円って明らかに高いでしょ。
そしたらなんと150円ぐらいが相場らしく、300円とか言われたら法外な値段とのこと。
なんですと!
僕500円も払ったんですが。
ここでもうブチ切れ。
今冷静に振り返ればたかだか350円ぐらいどうでもいいのに、この時は我を忘れておりました。
でワット・ポーから出ると沢山のトゥクトゥクが群がってくるのですが、これが2000円はどうだ!とか言うわけですよ。
おまえね、馬鹿かと阿呆かと。
かなりぞんざいに扱ったら1000円になりました。
でも僕が200円ならいいよ、というと散り散りになるトゥクトゥクドライバー。
僕もここまで来たら一文でも彼らに特をさせたくありません。
もう自棄のやんぱち日焼けの茄子、色が黒くて食いつきたいが、あたしゃ入れ歯で歯がたたないよってやつです。
そこで僕が取った行動は、、、。
駅まで歩く!でした。
まあもう予定もないしゆっくりやるわい、と思って歩き続けたのですが。。。
2時間たっても駅まで着きません。
後で見てみると10キロぐらい離れてる模様。
なんじゃこりゃ。
結局足がつかれてのどが渇くので、コーラ3本と水とアイスを買い、徒歩を進めます。
最後の方はもう泣きそう。
頭痛いしいつまでもつかないしこのまま倒れるんじゃないかってレベル。
なんとか2時間半ぐらいで駅に到着。
気絶寸前無意識状態でホテルにたどり着き、シャワーを浴びて休みました。
んが、ここからがさらに問題。
もうね、足が痛くて休めないの。
なにこれ。
ITオタクの僕が2時間半も歩くなんてしたからですわ。
結局寝ようにも寝付けずマッサージを受けることに。
これが1時間1050円。
もうこの時点でトゥクトゥク代足出てるっつの。
一体何なの。。。
でマッサージを終わって財布を見ると、もう現金も残り僅か。
しょうがないのでホテルの下でカードが使えるという理由で日本食を食べ、さらにコーラを2本購入して、ホテルに戻って今日の一日をなんとか終えました。

■トゥクトゥクを使った場合
時間:10分
体力:温存
値段:700円

■僕が通ったルート
時間:3時間半
体力:最悪
値段:1750円
おまけ:日射病で頭クラクラ。

今回の結論というか教訓としては、トゥクトゥクぐらいケチるなってことですわ。
色々言いたいことあるんだけど、もう明日も朝早いし頭痛いので寝ます。

おやすみ。。。

はあ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です