東南アジア旅行 十日目

BlogPaint

今日はラオスからタイへの移動日でした。

一日の始まりは朝9時。
つかいちいち朝なんて書く必要はないですな。
夜9時のわけないし。
ま、ぱぱっとパッキングして朝食食べて迎えのトゥクトゥクに乗って空港へ。
出国手続きも無事終わり機内に乗り込みます。
と、ここでボーディングパスを見てみたら、10回に1回は落ちると言われたラオス航空ではなくバンコクエアウェイズだった。
良かった良かった。
そんでも結構揺れて、手に汗握るスリリングなフライト。
やれやれ。
でなんとか15時頃バンコク到着。
タクシーでホテルまで行こうと思ったのですが、まあ詐欺られるのも嫌だし、電車にも慣れておこうと電車で向かう。
んで到着してチェックインも完了。
ちょちょっとネット周りを確認して、まだ16時過ぎだったので市内散策。
まず向かった先は駅の前にあるショッピングモール。
僕この10日間一回も髭ゾリをしてなかったので、とりあえず床屋行って髭ゾリだけしてもらおうかなと。
んが、駄目。
ショッピングモールには美容院はあっても床屋はありませんでした。
がっくし。
んでとりあえず小腹が空いてたので目の前の屋台でヌードルを食べる。
100円。
なかなか美味し。
その後は本場のタイ古式マッサージを受けてみようとタイムズスクエアのMySpaというちょっと高めのマッサージ屋へ。
1時間で2000円。
ベトナムでは700円で、カンボジアだと500円、ラオスだと400円だったからそれに比べたらずいぶん高い。
勿論タイでも800円とかあるんですが、どうせだったらちょっと高めのとこ味わってみるかなと考えての洗濯です。
んが、これが大外れ。
なんかへにょへにょ触ってんだか触ってないんだか分からないようなお上品なマッサージで全然気持ちよくない。
やっぱタイ古式マッサージは安っちい気取らないお店が一番ですな。
失意のうちに向かった先はとりあえずまた飯。
地元民に人気の大衆食堂というのをチェックしておいたので向かいます。
ついてみると結構な人だかり。
でもお一人様の僕は難なく入れます。
頼んだのは「トムヤムクン」。
やっぱタイに来たからには頼まないと駄目だろう、と思って頼んですが、これがもう辛すぎ。
僕そもそも辛いの好きじゃないのに何この拷問。
結局中に入ってた海老だけ食べて、スープを舐めて早々に出ました。
ま、300円だからいいけど。
それから次は駅前の美容院へ。
僕この旅になってから随分汗書いたんですが、ホテルにシャンプーがなかったので頭は全部水洗いだったんですよ。
別にべたついてる訳じゃないけど気分的に嫌だったのでシャンプーしてもらうことに。
これが予想外に大当たり。
3回も丹念に荒々しくシャンプーしてくれて、丁寧にブローまでついてました。
これで450円。
いいねえいいねえ、最終日も来ちゃおうかな。
すっかり気分を良くした僕は次はホテルの近くのマッサージ屋で耳掃除。
でもこれは残念ながら微妙。
耳の奥の奥をゴリゴリされちゃって痛くて痛くて駄目でした。
しかも600円も取られた。
これならシャンプーのがどんだけ良かったか。
すっかり素に戻った僕はコンビニに行ってレッドブル(本場!)と飲み物とカミソリを購入してホテルに戻りましたとさ。
と、ここで終わらないのが今日の僕。
ひと味違います。
今の時間は夜9時。
まったりするには良い時間なんですが、ここは夜の国タイ。
クラブだの何だのが沢山あるのでこのまま寝るには勿体ありません。
そう思って僕が決めた行き先は、、、。

「ゴーゴー!!!」

ここで何も知らない読者諸君に説明を。
ゴーゴーとはタイで最もポピュラーな風俗。
お店に入ってドリンクを頼んで女の子を購入して(きゃっ)お持ち帰りができるんです。
これがタイでとっても有名で、僕のホテルの近くにも3大ゴーゴースポットの一つがあります。
そんな訳でドキドキしながらゴーゴーのソイカウボーイへ向かいます。
歩くこと5分、到着した僕が見たものは。。。

な、なんじゃこりゃー!

もうすごいんですよ。
おとなしいタイの一角に、突如ネオンだらけの道が出来て、すごいたくさんのゴーゴーショップが。
で、その前を女の子が水着姿で呼び込みしてるんです(写真参照)。
もうあまりの豹変ぶりに僕( ゚д゚)ポカーン
こ、これはすごいところに来ちゃったな。
と驚いてばかりでもしょうがない。
とりあえず道を歩き始めます。
で沢山の呼び込みをなんとか無視して、ネットで調べておいた優良店「バカラ」へ到着。
ちょっと入るには勇気がいるとこですが、ここでためらってても仕方ありません。
倭国のユウキ、ここにありです。
で、エキスパートみたいな顔して中に颯爽と入っていったのですが。

す、すげーーー!

そう、入った先はネオンがギラギラの店内で、中央にはちょっとした台とポールがあり、30人ぐらいの女の子が番号札を身につけそれぞれのポールに絡まってダンスしてるんです。
なんかとんでもない所に来ちゃったな、おい。
もう驚きなのか興奮なのか知りませんがドキドキしまくりの僕。
とりあえずコーラを注文し(600円)、女の子をハンティングの目で見つめます。
つかつかこの女の子たち、まじですごく可愛いですわ。
日本でもなかなか見られないような美人ばかり。
まあ勿論顔をいじってるとは思うのですが、それを忘れるぐらいに可愛いんです。
うぉーいいなあいいな。
あの219番の子、僕のことずっとみてダンスしてるよ。
気があるのかな、うひひ。
と一人で興奮しながらゴーゴーにすっかり夢中な僕。
いやーここは良いとこ知ったわ。
飲むだけなら500円だもんな。
しかも綺麗な女の子まで見れて。
と、まあとりあえず初ゴーゴーを満喫してた僕ですが、ふと頭上を見上げた時にもっと衝撃がありました。
なんと、なんと、2階のフロアーは透明の床になってて、1階からはそこで踊ってる女の子が下から丸見えなのです!!!
しかも下着を一切つけてない!
もちろん、お、お、おっぱ、おっぱ、あのその、ぉっぱぃ、おっぱい、おっぱい!も当然丸見え!
さらにはあんなとこやこんなとこまでも!
まじスタンドも月まで吹っ飛ぶ衝撃ですわ。
1階だけしか見てなかった僕はまだまだ素人ですな。
注目するのは2階でした。
いやはや。
もうこの時点で鼻血が出るんじゃないかってレベル。
この旅で一番興奮してたかもしれません。
で、逸る気持ちを何とか抑えてとりあえず一旦外に出ます。
コーラ一杯でいつまでもいるわけ行きませんからね。
で一息ついた後、これまたネットで調べてた次なる優良店「シャーク」へ向かいます。
ここもまた入り口入った途端ネオンの中女の子が沢山踊ってます。
で、とりあえず席についてさてコーラでも飲むかなと思った所、なんと僕の席の隣で、ゴーゴーの女の子3人が休んでだべってるじゃありませんか。
しかも超可愛い!
これを意識しないわけありません。
台の女の子を見てるフリしてチロチロ隣の女の子の、お、お、ぉっぱぃ、おっぱいを見ます。
勿論下着はつけてるんですがシースルーなので丸見え。
ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
で当然のごとく女の子も僕に気づいて話しかけます。
「どこからきたの?」
「何してる人?」
なんだここはキャバクラか。
六本木だと一時間2万円がここだと数百円。
安い。
でしばらく雑談してたら、女の子の一人の一番かわいい子がが隣に来てスキンシップをしてきます。
しかも飲み物飲みたいっておねだりしてくるので、仕方なく(本当だよ!)一杯だけ奢る。
つっても600円なんだけどね。
六本木だと1杯2500円だからさ、こんなの飲み物にすらはいりませんわ。
で何やらこの子、僕と一緒に外にでてあんなことやこんなことしたい様子。
「ショートにする?それともロング?」
ですって。
具体的に金額まで伝えて艶かしい目で僕を見ます。
むんむむむ、これはここで断ったら男じゃないな。
と、思った僕が取った選択とは!

「ごめん、明日仕事だから帰るわ、乙」

すんません、別にチキンになったわけじゃないんですが、まあとりあえず見学に来ただけですので、何もする気がおきませんでした。
それから足早に会計を済ませて(1000円)ホテルへ。
途中屋台で焼き鳥を3本買い、ベッドの上でゴーゴーの思いでに浸りながら一日を終えました、とさ。

ま、今日は移動日と割り切ってたんですが、予想以上にゴーゴーに衝撃を受けましたわ。
また時間があったら行ってみようかな(ぇ
明日は朝からアユタヤ観光。
で午後から遂にタイ古式マッサージの総本山、タイのワット・ポーにも行く予定です。
楽しみ楽しみ!

というわけで、あんなことやこんなことを期待していた読者諸兄には申し訳ないのですが、これだけです!

そいではー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です