東南アジア旅行 六日目

BlogPaint

今回の旅も今日で前半戦の終わり。
本当に楽しいのはあっちゅーまですね。
と、今日はベンメリアとか色々行きました。

一日の始まりは朝6時。
ベンメリアは朝が狙い目らしいので朝6時半からタクシーに乗り込みます。
揺られること1時間で到着。
タクシーの運ちゃんを待たせて入口に向かいます。
途中チケットを購入しさて出発するかと思ったんですが、予想していたガイドの押し売りが来ない。
参ったなあ、この遺跡は自分で見てもつまらないからガイドに案内して貰いたいのに。
そう思ってたらようやっと3人ぐらい見かけました。
でもユウキから話しかけただけあって向こうは値段が強気。
ネットだと2ドルぐらいのガイド料が5ドルも要求されました。
値下げ交渉しても駄目っぽいのでもうしょうがないから5ドル支払う。
ま、たかだか300円だもんね。
んでまあ遺跡をまわるんですが、この遺跡が本当にすごい。
遺跡自体修復しておらず瓦礫の山なので道が無いんです。
なので遺跡の壁を歩いたり天井登ってそこから進んだり、まさに道無き道を進みます。
5メートルぐらいある瓦礫の山を這い登り、木に捕まってターザンのように進んだり。
もうまさにリアルアスレチックですよ。
しかも光が一切差さない遺跡もあって真っ暗の中を壁を掴んで手探りとかもありました。
マジパネェッス。
ちなみに写真がベンメリアです。
これ一見して普通の廃墟の写真に見えますが、この手前の壁の上を歩くんですよ!
ま、そんなこんなで1時間ぐらい見たかな。
最後は一人で歩いて迷って出れなくなって、地元の子供に案内してようやく出れました(涙
というわけでかなり満喫。
その後はタクシー運ちゃんがお金稼ぎの為に別の遺跡に連れて行こうとするので、暇だったので付き合いました。
何やら東洋のモナリザとかいうのがあるバンテアイ・スレイという遺跡。
まあこれは15ドルも追加で払った割りにはあんま楽しめませんでした。
肝心のモナリザも近くまで行けず外から見るだけ。
こりゃハズレだな。
その後は一旦ホテルに戻り休憩。
ランチを食べて(豚と玉ねぎの炒めもの!)3時間ぐらい休んで再度出発。
今度は前日見たアンコールトム。
ここはゆっくり見たかったんですが、前日はもう疲れちゃってろくに見れなかったので、再突入ですわ。
ユウキお気に入りのバイヨンをじっくり見て、ピミアナカスでは最上階のピラミッドまで登り、時には一人で佇み、十分に堪能。
いい加減疲れてきたのでトゥクトゥクに乗りホテルへ戻り、マッサージをして、部屋で休みました。

いやーカンボジア、随分密な時間を過ごしましたわ。
予想通りの展開でした。

と、そうそう、後世の人にこれだけは記さねば。
今日はシェムリアップからベンメリアに行ったんですが、タクシー代が50ドルでした。
それにバンテアイ・スレイが15ドル。
さらにアンコールトム往復で10ドルで〆て75ドルです。
おそらく一日チャーターを初めから申し込んでたら60ドルぐらいで収まったと思います。
僕の場合昨日のガイドの話を真に受けて個別に申し込んじゃったので高く付いたのかなと。
ま、いつか行く機会がある人がいましたら参考にしてください。

あとカンボジアですがかなりお金がかかります。
3泊4日の滞在ですが、アンコールワットのチケットで40ドル、アンコールワットのガイドで60ドル、ベンメリアのタクシーチャーターで70ドルと、これだけで170ドル!
それにホテル代がたされるので300ドルは吹っ飛びます。
まあ飯は安いしマッサージも安いので他にはかからないのですが。
こちらも参考にしてください。

では、そいだけー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です