東南アジア旅行 四日目

7fbca09c.jpg

今日はカンボジア(シェムリアップ)への移動日。

朝の始まりは10時頃。
パッキングを済ませて朝食へ向かいます。
今日の朝ごはんは近くにある「クアンコム・ビンザム」。
写真のやつですな。
先日のと違ってここのは種類も豊富だし、地元の人にも大人気だとか。
10時半開始だったので時間通りに向かったのですがもう何名かが食べてました。
僕が選んだのは鶏肉と豚肉と玉子あんかけみたいなの。
これに白ご飯がついて〆て125円。
結構量もあるし味もとってもGood。
これはすごいコスパですなあ。
それからホテルに戻ってチェックアウトをしタクシーで一路空港へ。
チェックインをして飛行機に乗り込み、村上春樹の新刊を読んでたらあっという間にようこそカンボジア。
カンボジアの第一印象は、思ってたより暑くない、です。
何やら35度とか平均気温であるみたいですが、体感的にちょっと暑い程度。
まあ夕方だからかな。
それからホテルに直行。
ホテルはタ・プロームホテルというとこ。
超老舗なんですが立地が良いので選びました。
内装もなかなか手が込んでて全体が木で出来てシックな感じ。
設備も問題ないしこれは当たりかもしれません。
と、そうそう、カンボジアなんですが、街に行くまではすげー田舎道。
一瞬チリのイースター島を思い出しましたよ。
荒野の中を歩き進める感じを想像していただければ。
でシェムリアップの街中なんですが、これはなかなか味がある。
近代的な建物を想像してたんですが、昔ながらの平屋が続いてて、ここがダウンタウンなのかと思っちゃいました。
でもざっと歩いてみた感じ裏通りにはお洒落なカフェも何点かあるし、雰囲気的には悪くないかな。
むしろ結構好きかも。
カンボジアのシェムリアップはあんま治安が良くないと聞いてたんですが、ざっと近くを歩いてみた感じだと人がたくさんいるし問題ないなと思いました。
まあそれでも歩くの怖いから100メートルも進まなかったんですけどね。
でまあ適当にナイトマーケットを見て、パブストリートという外人専用のレストランエリアを覗き、最後はマッサージ屋へ。
ここはなんと1時間5ドルという驚愕の安さ。
しかもタイ古式マッサージも!
思わず全然疲れてないのに2時間も頼んじゃったユウキ。
タイ古式マッサージを2時間なんて生涯初めてですわ。
まじで楽しみでドキドキものだったのですが、、、。
結果は大外れ。
施術者の男がもう下手くそも下手くそもいいとこ。
もう適当に撫でるだけ。
極めつけはこいつゲイかもしれなくてユウキの変なとこばっか触ってくるんですよ。
しばらくは我慢してたんですが気分悪いし鬱陶しいので「気持ち悪いからそこ触るな!」って怒鳴りつけてしまいました。
結局あまりの下手くそさに嫌気がさし2時間は我慢できず、1時間半ぐらいでお断りしてしまいました。
ユウキ途中で辞めるなんて初めてですわ。
はあ、期待してたのに残念。。。
その後はスーパー寄って水とレッドブルとお菓子を買い、部屋に戻って早めに休息、となりました。

ま、今日は特にさしたる点もありません。
明日はいよいよこの旅行一番の目玉、アンコールワットです。
これのためにこの旅計画したようなものですからね。
しかも外人用の現地ツアーを申し込んだので朝9時から夜までたっぷりです。
うひひ。
おっと、そういや肝心なことを言い忘れました。
実は僕もつい最近知ったのですが、カンボジアには年に3回正月があって、なんと一番大切なクメール正月というのが、昨日、今日、明日らしいんですわ。
なもんでアンコールワットにもカンボジア人がたくさん来る模様。
僕あんまり祭り事好きじゃないんですが、まあ仕方ありませんね。
なんくるないさーで頑張って行きましょう。

そいだけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です