チリ・ボリビア旅行 一日・二日目

いよいよはじまりました南米旅行。
とりあえず今回の旅程を説明しますと、まず日本の成田を出てからチリ・サンティアゴへ行きます。
その後サンティアゴからイースター島に向かいまして、そこからサンティアゴに帰還。
それから今度はボリビア・ラパスへ行き、ラパスからウユニへ。
んで帰りはウユニからラパスへ戻った後、日本の成田へ向かう、というわけです。

というわけで初日。
今回は成田が夜7時出発という余裕のスタンス。
途中寝ぼけて電車を逆方面に乗ってしまい、足をくじいた以外はトラブル無く進む。
11時間ほど飛行機に乗った後、アメリカ・ダラスに到着。
厳しい入国審査を通り、今度はまた10時間かけてチリのサンティアゴに到着しました。
行くだけでちょうど30時間かかったのですが、飛行機で結構寝れたので思いのほか疲れませんでした。
まだまだ余裕。

んが!
ちょっとした問題点が。
それは、、、「英語」です。
もともと僕はTOEICが295点という稀に見る阿呆なのでありますが、さらに輪をかけてアメリカ・イギリスなどの英語を母国語にしている人が苦手。
北欧とかならなんとかなるのですが、流暢過ぎる英語は意味がぴーまんなわけです。
んで、アメリカ・ダラスでステーキとマッシュポテトを食べたのですが(超幸せ)、お会計を済ませて外に出たとき、何やらウェイターが戻ってきて「ぺらぺらぺらぺら」僕に言うわけですよ。
かろうじて聞き取れたのがBookって単語で、ん?予約?それとも本?と思ったのですが、疲れてたので「OK OK I don’t need. hahaha」とかいって愛想笑いして出たんですよ。
思うにクレジットカードの控えを置きっぱなしだけどいいのか?って事だったのですが、もう駄目。
全然分かりませんでした。
その後心配になって荷物見たのですが、一応今のところ無くなったものはなかったですw
あとチリ・サンティアゴに着く直前、切っていたはずの携帯がなぜか鳴り出してCAから話しかけられたときも困りました。
「ぺらぺらぺらぺら Turn off」とか言って、Turn offの意味が分からなかったので、こちらも「OK OK」で誤魔化す(電源切ったか?ってことかなと解釈した)。
んっんー あれですな。
僕、自分が言いたいことは結構言えるんですよ。
でも相手が言ってることが分からないという罠。
やっぱ勉強する必要があるよなあ~
語彙が少ないもん;;

あとそういえば、なぜかチリの空港で日本人と何名かすれ違いました。
こんな所に一体何しに来てるんだか・・・。

ま、でもなんとかうまくやってるので心配しないでください。
こっちはまだ昼の11時半なので今からシーフードでも食べてこようと思います。
その後は君子危きに近寄らず。
ホテルでまったりする予定です。

んじゃ、そいだけー。

追記
ちょっくら昼飯がてらに外出てみたけど、チリいい(・∀・)
なんつーか気温が暖かくて晴天だし、街並みもそこそこ綺麗。
治安もいいし(南米で一番とのこと)、何より飯もうまい!
写真はちょっとこじゃれたレストランで食べた魚。
なんつーか縦に長いチリは海岸線に面してるからシーフードが自慢みたいらしいので頼んだんだけど美味しかった!
しかもレストランも雰囲気あったし、いやー気に入っちゃった。
DSC01062
なんつーか、やっぱ海外ってのはいいね。
街並みが日本と全然違うから歩いてるだけで気持ちがよいし、リフレッシュする感じ。
問題の英語もチリだと全然いけるし、余裕余裕。
来て良かったね、海外!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です