ポルトガル・モロッコ・スペイン旅行 二日目 ポルトガル

c361c613.JPG

旅行二日目。
というか実質一日目。

とりあえず最初の目的地はポルトガルです。
なので成田からまずはフランスのパリにつき、そこからポルトガルのリスボンへ向かいました。
んで到着。
ポルトガルは暖かくて涼しい実に過ごしやすい気候。
楽チン楽チン。
とりあえずホテルまで向かおうとしたのですが、空港に目的地の一つハードロックカフェの広告があり、ホテルの近くということが判明したので先にハードロックカフェに行くことに(ちなみに空港でサーモンの寿司を食べる。かなり美味かったが少量なのに2000円もした!)。
んでバスの周遊チケットを買おうとするもなかなか買えず。
たらい回しにされた挙句なんとか二人分チケットをゲット。
ようやくバスに並びます。
んで待つこと20分ようやくバスが来たと思ったら、このチケットじゃ乗れないみたいなことを言われて凹むユウキ。
もう面倒なのでタクシーで向かい、ハードロックカフェ到着。
なかなかポルトガルっぽいピンバッチがなくて(そもそもポルトガルっぽいってのが分からん)、なんとかゲット。
その後ホテルに行きチェックイン。
うーん 一泊二人で5000円のホテルにあんま文句言えないけれど、このダブルベッドは狭すぎるよなあ。
こんなんで寝れるのか。。。
まあいいか。
そんなわけで荷物を軽くして観光開始。
リスボンの観光はあまり良いのがなくて、とりあえずユーラシア大陸最西端のロカ岬に行くことに。
電車とバスを乗り継いで向かいます。
途中シントラという街全体が世界遺産になっているという街に寄って見る。
大して期待もしないで見てまわったのだけれど、そこはさすがに世界遺産。
とても雰囲気の良い街でした。
ぷらぷらっと周り、軽食を取る。
そしてロカ岬に向かう。
そんなこんなでようやく到着。
この時点で2時50分。
とりあえず地球の歩き方で次のバスが3時50分にあるのを確認してから散策開始。
つっても岬と記念碑しかないから散策も何もないけれど。
まあでもこのロカ岬。
なかなか素晴らしかったです。
ユーラシア大陸最西端とあって、この先は全部海。
遠い遠いアメリカ大陸に繋がるこの海を、昔の人はどのような思いで眺めていたのか、色々深く考えてしまいます。
なもんで大海原を前に写真も一枚。
本邦初公開、一切だまし無しのユウキの全体像、とくとごらんあれ。
まあそういうわけでちーちゃんと色々写真の取り合いっこをしていると、いきなり隣にいたおっさんに話しかけられる。
なにやら日本の愛媛からきてるみたいで、中近東あたりは全て制覇しているほど旅行好きとの事。
なもんで旅行談義が始まる。
ヨルダンは行ったのか?とかスペインはどうだ?とか。
まあ話し自体はなかなか面白かったのですが、このおっさん事あるごとくに「時間まだあるの?大丈夫なの?」と聞いてきます。
次のバスは3時50分なのを調べてるので、大丈夫だよと答えつつ話を続ける僕。
んでまあ適度に話して連絡先交換して別れを告げる。
その後お土産を購入し、バスを待つ。
んが、バスがこない。
待てども待てども一向に来ない。
んーふー これはおかしい。
そう思って時刻表をチェックしにいったら、、、。
30分も前にとっくに出ておりました。。。
ちょwww地球の歩き方の情報が間違ってるwww
あー だからあのおっさん、何度も何度も時間大丈夫か聞いたのか。
通りで周りにいた観光客が全員いなくなってるわけだ。
やれやれ。。。
んで次のバスはどうやら1時間後の模様。
仕方ないからレストランで軽食を取るユウキ達。
すると何やら後ろのほうでカメラを抱えた日本人のおっさん集団が。
うーん なんでこんな場所で沢山日本人を見かけるんだろうか。
ちーちゃんと二人で彼らは何者なんだろうと話し合う。
カメラも随分よさそうなもの持ってるし、何人か外人もまざってるしなあ。
むむむ。
まあ色々考えたんですが分からなかったので出ることに。
んがやっぱり気になる彼らの正体。
このまま終わるとどうもすっきりしない。
とゆーことで、ちーちゃんと二人で話しかけてみることに。
すると彼ら、なんとTBSのテレビ番組の取材陣でした。
正確に言うとBSの「世界の窓」という番組の人々。
いや~ こんなところでこんな人たちに会うとは。
バスも乗り過ごしてみるもんです。
そんなわけで色々お話して写真もビデオカメラに収めてもらっちゃいました(僕ではなくちーちゃんばかり撮ってたのにはちょっと不満)。
ま、そんなこんなで楽しく別れてバスの時間までまた岬でたそがれる事に。
そんでようやく時間がきたのでバス停へ。
んが!またしても来ない。
待てども待てども本当にこない。
んも~どうなってんの?
時刻表も見てしっかり時間を合わせてきてるのに来ないんですよ。
しかも早く来られたらたまらないので20分も前から待ってるんです。
それでも来ない。
もう泣きそう。
しょうがないので案内所で聞いてみると、、、。
次のバスが来るのは1時間後だそうです。。。
工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工
どういうことよ。。。
曰く「時刻表の時間ってのは、出発点を出る時間だから、岬につく時間じゃないのよ」との事。
て、て、てめー!
だったら最初から着く時間を書いとけ( ゚Д゚)ゴルァ !
んもーーーーーーーー。
なんでこんな岬と記念碑しかない所で3時間もまたにゃーならんのだ!
しかも夜になって寒くなってきてるっつーのに!
はあ、、、。
それからはもうひたすら岬で海眺めてましたよ。
だってやることねーの。
ロカ岬はもうあれね、一生分いた気がする。
もういいわ。
、、、それからなんとかきっちり1時間後にバスがきて、ようやくロカ岬を出れたユウキ達でした。
その後はリスボン市内に戻り、夕食をとることに。
色々と食べたいものがあったので、地元のこじゃれた定食屋へ。
んでちーちゃんと二人で食べたいものを色々と注文。
んが、これが駄目。
どれもこれもまずい。
コリアンダーとガーリックとオニオンのポーチドエッグ入りスープは、匂いと見た目はとっても良いのに味うすすぎるし、マッシュポテトはソーセージの味が強すぎるし、ソーセージは硬いし、魚はでかすぎるし。。。
はあ、そうだよね。
ポルトガル料理がうまかったら日本でもっと話題になってるよね。
ポルトガル料理なんて誰も知らないんだからまあその程度ってことで。
がっくし。
というわけで、ご飯も食べたことだしここでようやっとホテルに戻りました。
んでお風呂入ったり、洗濯したりと色々。
その後就寝となります(←今ここ)。

なんつーか今日一日は本当に疲れた一日でした。
まあ成田から数えて丸々三日間動いてたわけですからね(成田、機上、リスボン)。
疲れるわけです。
でもでも、あまり期待してなくてついでによったポルトガルの割には、すごくすごく楽しめました。
ロカ岬も、もう二度と行きたくありませんが、とても素晴らしかったし、シントラとかも良かったです。
なので総合的に見たら結構良い一日だったと思います(ちーちゃんもそう申しております)。

明日はとうとうモロッコ入りです(ポルトガルは一日でおしまい。本当に寄っただけ)。
舞台はカサブランカ。
まあ話しに聞くかぎりじゃ近代化して大都会になってしまい、全然面白みもへったくれもないようで、あまり期待はできません。
しかもフライトが朝の9時なのでちょっと辛いかも。
ま、今日は疲れたから早く寝ますか~。
それじゃ皆さんお休み~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です