ヨルダン旅行 総括

ユウキです。

いやー、遂に行きましたよ、ヨルダン・ペトラ。
最後に残しておいた見どころ。
そして人生でも最後になるであろう旅行。
内容的には文句なし。
トラブルなく終えて感無量です。
それでは振り返ってみましょう。

■アンマン
正直全然期待してなかったのですが、悪くなかったです。
死海文書は見れたし、街歩きも楽しかったし。
まあ一日ぐらいは時間とってもありかも。

■死海
うーん、一度は行ってみても良いかもだけど、数時間あれば十分かと。
公共ビーチを使ったんだけど、まあ結構綺麗でした。
ロッカーやシャワーもあるし。
でも浮く体験は不思議だったなあ。

■ペトラ
もう抜群。
流石と言える出来栄え。
ペトラに行くなら最低でも一泊はした方が良いかも。
というのもアンマンから朝一のバスで行っても、帰りのバスに間に合わせる為には最後の場所エド・ディルに行くのが厳しいんですよ。
行けるこた行けるけどユックリできない。
というかですね。
一泊して朝6時の真っ暗の中一番乗りするのが最適解だと思われます。
誰もいないペトラを独占できますから。
なので一泊二日かな。
正直二泊三日したけど、これはちょっとやり過ぎ。
見どころはそこまで多くはないので。

■食事
これは良かった。
ファーストフードとかも美味いんだけど、高級レストランにおいているクッペナイエの美味かった事美味かった事。
一度は食べてみるべし。
あとスイーツ。
これ好き嫌い分かれるだろうけど、美味しい。
と言うかどれも蜜の味しかしないけど。
まあ何というか食べ物に関しては困ることはないかな。
マンサフとか何とかも良かったしね。

こんな感じかな。
総合的には「当たり」と言えるでしょう。
あまりここまで言い切れる国は無いけれど、それだけの価値はあり。
日本からも結構近いし、皆さん是非行ってみてくださいね。

というわけでヨルダン旅行記はこれにて終わりです。
次の予定は……全くの未定。
もう行きたい国はこれで全部行っちゃいましたから。
正直僕の旅ライフはこれで終了かもしれません。
思えば色々行ったもんです。
中南米、北米、アフリカ、ヨーロッパ、アジア、そして中東。
もうほぼほぼ行き尽くしました。
興味あるところはもう全部見た。
我が旅人生に一片の悔い無し。
感無量ですわ。
ま、なもんで、次はいつ更新するか、どこに行くか、全く分かりません。
気長にお待ち下さいね。

そいではまたー


ヨルダン旅行 七日目・八日目

ユウキです。

今日から帰国日。
と言ってもまあ諸々込みで19時間ぐらいのフライトなので大して疲れるものじゃなさげ。

一日の始まりは朝5時。
昨日早く寝たのでこの時間です。
7時過ぎまでネットしながらボケボケ。
それから朝食を食べに行きました。
甘いものが食べたくて、フレンチトーストを6枚も食べてしまった。
この国は本当に甘いものが美味い。
それから部屋へ戻り、シャワー浴びたり、荷物整理したり。
でパッキングして11時になったらチェックアウトをしました。
フライト時間は19時なので時間はたっぷりあります。
その足でダウンタウンへ。
まずはお土産を買います。
購入したのは、アラビック石鹸、死海の塩(何に使うのか全く分からないけど)、そしてベドウィン・ティー。
このベドウィン・ティーが曲者で、おそらくグラム単位で売ってるから「何グラム欲しい?」って聞いてるんだけど、それを英語で表現できるほど僕はスキルが高く無く。
やむなく「3ディナール(480円)払うからその分だけくれ」と伝えた所……。
彼は茶葉の山からドンドンドンドン袋に詰め始め……。
ちょちょちょ、お前、3ディナールしか払わないぞ、と言っても、分かってる分かってると言いながら、茶葉をどんどん詰める。
結局スーパーマーケットの袋にパンパンと茶葉が詰め込まれ渡されました。
つかこの量一体どうすんねん……。

お土産を買いがてら、ファーストフードのはしごもしました。
まず食べたのは、肉をパンで包んだ代表的なファーストフードのシュワルマ。

屋台で買うので、幾らかと聞いたら、65と言います。
65ディナール?
1万円だぞ。
てめー馬鹿な事言ってんじゃねえ。
と思って何度も聞いたけど、65,65と言って引きません。
後ろに並んでた人も、早く買えよ、65だからと真面目な顔をして言います。
もしや僕何か勘違いしてるのかな、と思ったら、1ディナール(160円)持ってたら寄越せと言ってきました。
試しに渡してみると、小銭を返してくる。
そして渡されるシュワルマ……。
あー、65って名前も知らない小さい単位の65なのね。
ってこれだけデカくて肉たっぷりで100円か……。
最終日にヨルダン人の庶民感覚を知りました……。
次に食べたのはスイーツ。
ヨルダンでは甘い菓子を売ってる専門店を良く見かけました。
今回食べたのは、パリパリのパスタみたいなのが振りかけられてたので、多分オスマリーエと呼ばれるメジャーな菓子。
5個入って1ディナールでした。

勿論例のごとく蜜がたっぷりで、ぶっちゃけ蜜の味しかしない。
でも美味い。
甘いものを食べたら当然次はコーヒー。
アラビック・コーヒーを頼みます。
でもなー、何というか普通のネスカフェで良いんだよなあ。
アラビック・コーヒーって酸っぱいんですよ。
酸っぱくて、粉っぽくて、何か変な味がする。
まあ何というかあまり口休めにならず。
0.3ディナール(50円)だから良いけど。
次に食べたのは(まだ食べるか)、大好きなとうもろこし。
なんかアンマンではたまにとうもろこしの屋台を見かけるんですよね。
最終日だし小銭まだまだあるから良いかなと思って頼む。
僕的に多分バターコーンみたいなのが出るんだろうと思っていたら、何やら様子がおかしい。
ボウルにコーンを入れて、スパイスをどんどん混ぜていきます。
で何やらLemonと書かれた液体を入れる。

おい、それじゃ酸っぱくなるんじゃないの?
と思っても後の祭り、ガンガン赤とか黄とかのスパイスを入れまくり、最後にカップに入れて出来上がり。
恐る恐る食べてみた所……やっぱり酸っぱくて変な味がしました。
まあ不味くはないんだけど、どうしてもコレジャナイ感が……。
気になるお値段ですが、幾らか分からないから持ってる小銭を見せたら、何枚かコインを持っていった。
その為値段は分からず。
まあどうせ1ディナールもしないんだろ。
最後に試したのは、ファラフェルサンド。
豆のペースト丸めて揚げたソウルフードのファラフェルを潰し、そこにトマトとかと一緒に入れてパンに挟むやつです。
僕、豆が苦手だから敬遠してたんだけど、まあ最後だし試してみるかと。
で、作ってるところを見てたら、タルタルソースみたいなのに絡めたトマトやらピクルスだかを入れてた。
これはまあ悪くないだろうなと思ったら、案の定美味かった。
百妄は一見にしかず、ってやつだな。
とまあこんな感じでファーストフードのハシゴです。
観光的なのは、最後にローマ劇場を覗いたぐらい。
初日にも行ったんだけど、曇ってたからね。
晴れの下のローマ劇場は、まあ悪くなし。
最後だからと最上階まで登ってみると、気持ちよかったです。

というか劇場の作りは1000年2000年経っても変わらないもんだね。
人間本質的には一緒ってことか。
すっかりアンマンを満喫した僕。
用事は全て終わったので、まだ大分早いけれど空港へ。
タクシーに声をかけてひとっ飛びしました。
空港についたらチェックインできるかをまず確認。
まあまだ5時間前だからどうせ無理だろうな、と思ったら……なんとフライトがキャンセルかもしれない模様。
なんだって、キャンセル?
慌ててもっと詳しく調べてもらうことに。
つかまあでもキャンセルならキャンセルで良いけどね。
人生最後の旅だし、人命に関わるわけでもなし、仕事的にどうしても帰らないとまずいわけですらないからね。
アクシデントも楽しんでいきますよ、僕は。
と思って余裕こいてワクワクしてたら、キャンセルではなかったらしい。
無事飛ぶよ、ですって。
ニャムニャム。
ただチェックインはやはりまだできないようなので、空港の椅子で一休み。
アンマン空港はフリーWifiがあるので助かりました。
それから小説書いたりしてゆっくりしてたらチェックインの時間に。
サクッと終わらせていつものプライオリティパスを使いラウンジへ。
今回使ったラウンジは、ついこないだできたばかりというPetra lounge。
これがもう驚くほど凄かった。
内装は豪華絢爛。
幾つものフロアーに分かれていてそれぞれテーマが違うというこだわり具合。

食事も勿論抜群。
サラダだけで15種類ぐらいあった!
ホットミールも手が込んでいて、大好きなマッシュポテトも食べ放題。
マッシュルームスープも美味しいこと。
ドリンクもアルコール含めて豪華だし、スイーツも高級感でてましたよ。
勿論Wi-Fiも申し分なし。
正直数多くのラウンジに行ってる僕ですが、その中でも最高なんじゃないかと思いました。
まさかまさかヨルダンでこのレベルに出くわすとは。
おどろ木ももの木さんしょの木、というやつです。
すっかり堪能した僕。
まずはサクッと1時間ぐらいでエジプトのカイロへ向かいます。
音楽聞いてたらあっという間。
でトランジットしようと思ったら長蛇の列。
まあ時間あるからいいかと思って1時間ほど並んでた所、なんと僕は違う列に並ばないといけないらしく。
泣く泣く移動しました。
ま、でも何とか手続きが終わり、カイロのラウンジで休み(しょぼい)、最後は成田へ。
11時間弱のフライトですが、睡眠薬飲んで眠って、後は小説読んでたら到着。
入国もすんなり終わり、家に戻りましたとさ。

まあ何というか合計19時間ぐらいの移動なので、大して疲れることも無く。
すんなり帰り着いたという感じですね。
最終日も結構楽しめたし。
まさに言うことありませんわ。

そいだけー!


ヨルダン旅行 六日目

ユウキです。

今日はペトラからアンマンへ戻ります。

一日の始まりは深夜1時。
昨日16時に寝ちゃったので深夜に目が覚めました。
お腹が空いてたけれど、そのままうたた寝してたらちょうど6時前に。
朝一でペトラに向かうか悩みましたが、昨日行ったし、お腹も空いてたので、朝食を食べてから行くことにしました。
6時半に朝食を取り、7時前にペトラへ。
3日連続です。
シークを通りエル・ハズネへ向かうと、またしても観光客は誰もおらず、ベドウィンがいるだけ。
もう生涯来ないのでたっぷりみました。
さて、この後どうしようかと思ってた所、ベドウィンの一人が、エル・ハズネが見えるグッドポイントが山の上にあるから行かないか?とのこと。
毎回断ってたのですが、まあ最後だし行くかと言うことで5ディナールを払って山を登ることに。
が、これがもう大変大変。
階段だけなら分かるんですが、崖を登って、道なき道、もう岩をよじ登るレベル。
ひーこらひーこら言いながら何とか10分ほどかけて登頂。
上からエル・ハズネを覗きました。

あとは下まで降りてチップを払っておしまい。
エル・ハズネを見納めて宿へ戻りました。
まあもう二度と来ないでしょうが、自分の中に取り込めた感があります。
9時頃ホテルに帰り着いたので、シャワーを浴びて休憩。
12時近くなった頃にチェックインして、近くのレストランでランチを食べました。
マンサムを注文したのですが、今回のはなかなか美味しかったです。
あとはアワメというスイーツとチャイも注文。
アワメは相変わらずアラビックの蜜が染み込んだドーナツでしたが、実はこの味付け結構好きなので嬉しかったり。
でもぶっちゃけどのスイーツもこの味だよね、ヨルダンって。
お腹が膨れたので後はホテルロビーで待機。
16時にJETTバスに乗り込み、19時半にアンマンに到着。
ホテルは前回と同様Toledo hotel。
歩いて5分ぐらいの距離なのでタクシーを使わなかったのですが、夜だったのでなんと不覚にも道に迷ってしまい……。
ウロウロしてお腹も空いてきつかったので、途中ファーストフード店へ入りました。
ヨルダンで有名なサンドイッチをここにしてようやく食べる僕。
チキンとラム。
それぞれ1.5ディナール(240円)。
なるほど、庶民はこういうのを食べてるのね。
少し元気になって、スタッフに道を聞くと、もう目の前にあるとのこと。
回復したのでまたエッチラオッチラ歩き、途中でまた人に聞いて、ようやく到着。
チェックインをしたらホテルのレストランでピザを一枚食べて部屋へ。
ベッドに倒れてバタンキューでした。

というわけで、ペトラ滞在は大成功のまま終わりました。
明日は夜のフライトです。
それまでダウンタウンでお土産でも見て回ります。
甘いものも食べたいしね。

ま、そいだけー!


ヨルダン旅行 五日目

ユウキです。

今日は丸々ペトラ観光。

一日の始まりは朝5時。
最近あまり寝てないから本当はもっと休みたかったのですが、ペトラのオープンが朝6時からだったのでそれに合わせました。
フロントに行って、昨日頼んだ朝食は準備できてるかと聞いた所、なんと「ノー」。
頼んだと何度も言ったのに朝飯は6時半からとの一点張り。
仕方ないので食べないで行こうと外に向かうと「ヘイ、ユウキ。この真っ暗な中でどこ行くんだ?ペトラ?朝飯食ってからで十分だぞ」とのこと。
外を見ると確かに真っ暗。
まあ冬だしね。
どうしようかどうしようか悩んだのですが、せっかく起きたんだし遺跡の中で明るくなるのを待つかと思って入り口へ。
5時55分頃に着いたら誰もおらず。
係員がきて早めに開けてくれたので乗り込みます。
2月15日のペトラ一番乗りの旅人は僕です。
というわけでシークを独占しながら歩きます。

気持ち良い気持ち良い。
すると、そんな気分に同調するかのように空が明るくなり始めました。
もうすっかり普通の早朝レベルの明るさ。
ウキウキしながら進むと、シークの割れ目から見えてきましたエル・ハズネ。

前日来た時と違うのは、まず誰もいないこと。
カフェのスタッフはおろか、警備員すらいません。
完全に一人。
そしてあと明るさ。
前日行きに寄った時は影だったのであまりハッキリしてませんでしたが、今は一番良いタイミング。
影を作ること無く綺麗なエル・ハズネが見れます。

吸い込まれるように眺める僕。
誰もいないペトラで、エル・ハズネを前に、ただ一人。
僕だけの空間、僕だけの世界。
僕とエル・ハズネだけがそこに存在しました。
しばらく眺めていたのですが、無人故に問題が一つあります。
それは、自分が映った写真が撮れないこと。
エル・ハズネ自体はもう信じられない枚数の写真を撮ったのですが、ここまで貸し切りなら自分も写りたい所。
でも僕は手に障害があるからセルフィーできないし……と困っていたら、しばらくしたらカフェのスタッフが一名だけやってきました。
僕がいる事に気づいて明らかに驚く彼。
で、写真撮影をお願いしたら、快く引き受けてくれました。
これで昼には絶対撮れない誰もいないエル・ハズネと僕の写真が撮れました。
お礼にベドウィン・ティー(1ディナール・160円)を頼んだら、甘くて甘くて美味しかったこと。
さて、すっかりエル・ハズネを堪能した僕。
帰って朝食を食べるか、あるいは少し散策するか悩んだのですが、せっかくのシチュエーションということで歩くことに。
エル・ハズネの先を進み、柱廊通りや王家の墓を覗きます。
勿論ここも完全に無人。
唯一いたのは犬ぐらいで、後はロバの糞掃除をする現地民が途中きただけでした。
この広大な敷地を独占する喜びに浸りながら、王家の墓の崖に腰を下ろし一人佇む僕。
最高の瞬間でした。

というかですね、昼にゴミゴミした中で見学するより、早朝行った方が明らかにコスパが高いです。
明日も余裕があったら来てみようと思いました。
すっかり満足した僕、最後は馬に乗って帰ることに。
すれ違った馬乗りにお金を渡して優雅に帰りましたとさ。
朝の見学が終わった後は、ホテルでようやく朝食。
バッフェをたっぷり食べました。
その後、ホテル側の手違いのせいで部屋をチェンジするハプニングがあったのですが、プールサイド直結部屋に移動になったのでホクホクです。
部屋で小説を書いたりしてゆっくりしたあとは、早めにランチを。
シュワルマというご当地ファーストフードを食べました。
まあちょっと微妙だったけど。
お腹が一杯になった後は、ハマム(トルコ風お風呂)へ。
以前トルコやモロッコに行った際にとても良かったのでヨルダンバージョンを試しに行きました。
お店はPetra place hotelの隣りにあるALYAKHOR HAMMAMというハマム。
が、これが全然駄目。
垢すりは1分ほどで終わるし洗いも適当。
マッサージも下手糞でひどい目に遭いました。
皆さんご注意されたし。
ハマムが終わって時刻を見ると、16時頃。
もう一度ペトラに向かおうか悩んだのですが、何やらこの時期は日の入りが早いらしく、あと1時間半で閉まるとのこと。
連日早朝に起きて疲れていたこともあって、今日は超早めに休むことにしました、とさ。

いやー、今日の朝は最高でしたわ。
誰もいない贅沢空間を満喫です。
これでもうペトラは思い残すことはありません。
全て見て満足です。
明日は夕方のバスでアンマンへ戻ります。
で明後日の夜に日本へ向かう予定です。
最後まで問題なく終わると良いのですが。

それではー


ヨルダン旅行 四日目

ユウキです。

今日からペトラへ移動します。
果たして彼の地は如何に。

一日の始まりは朝4時半。
バスが朝6時半だったのでこの時間になりました。
寝ぼけ眼のままパッキングし、朝食を食べて、JETTバスの停留所へ。
ホテルから歩いて5分ほどの位置だったので助かりました。
バスはまあまあ快適。
ボロくもなく狭くもなく、普通のバス。
で途中一度トイレ休憩を挟んで3時間ぐらいでペトラに到着しました。
まず一番気にしていた天候はというと……なんと快晴!
やりました!
雨の予報を覆すこの雲一つ無いカラッパレ。
数時間だけ晴れてるとかいうオチではなく、この様子なら確実に一日中晴れでしょう。
ヤッピッピ!
すっかりテンションが上がった僕は、まずホテルへ。
今回泊まるホテルはペトラ遺跡から程近い位置にあるPetra palace hotel。
早速向かうも、流石に午前中ということでチェックインはできないとのこと。
まあ別に休みたいわけでもないから問題なし。
なのでトイレを借りて、荷物を預かってもらって、早速ペトラ遺跡へ向かいました。
まずはチケットセンターに行き3DaysTicketを買おうとしたところ、今日はなんとペトラナイトの日らしく、今ならチケットが買えるとのことでした。
ペトラナイトとは週に3回ほどあるイベントで、ペトラのメイン神殿であるエル・ハズネを沢山のキャンドルで照らしてベドウィンのショート音楽を楽しむといったもの。
勿論速攻で購入しました。
これは楽しみ。
チケットを手にした僕は、自然と駆け足状態で遺跡へ向かいました。
入り口をくぐってから、シークと呼ばれる岩の間の道を歩きます。
エッチラオッチラ歩くこと十分程。
シークの割れ目からちらりと建造物が見えました。
あれかな、あれかな。
もしや遂にたどり着いたのか。
そう思ってシークを抜けると……ペトラのメイン、エル・ハズネがあったー!!!

もうね、感無量です。
この日この時をどれだけ夢見ていたか。
いつか見るだろう、いつかたどり着くだろう、そう思って日本にいました。
そして今、目の前にエル・ハズネが。
やった。
遂にやった。
目の前に到着しました。
すっかり感動した僕。
目の前に設置されたベンチでひとしきり眺めました。
いやしかし、本当に嬉しい。
インディージョーンズですよ、インディージョーンズ。
最後の聖戦、何度見たことか。
今そこにあるんですからね。
もう嬉しくて嬉しくて。
さて、この旅の目的を果たした僕、かなり憑き物が落ちた感がありますが、正直ペトラ遺跡自体はここが入り口。
まだまだまだまだはるか先まであるんです。
とりあえず、まあお腹も空いてないし、体力もあるし、ということで一通り見ることにしました。
途中ローマ劇場やら大神殿やらへ立ち寄ります。
勿論どれも素敵。
この広大な敷地の中で点在しているそれらはひっそりと佇んでおりました。
勿論写真もパシャリパシャリ、と。

ペトラ遺跡は広いので、途中結構な場所にカフェとトイレがあります。
お腹が空いてきたらチョコバーを食べて、水やらコーラやらを買ってしのぎます。
切り立った崖には小さな山羊が壁に沿って進んでいたり、異国情緒抜群。
どれもこれも絵になります。
で歩き始めて2時間ほど、結構奥まできたつもりなんですが、ゴールであるペトラ最大の大きさを誇る神殿エド・ディルはまだ先。
まあここまで来たんだし見てみるか、と思って向かったのですが。
これがもう想像を絶するほど辛かったです。
足場の悪い山をエッチラオッチラ登りながら向かい、まだかまだかと思って進めど、一向に見えない。
もう体力の限界だと思ったところにカフェがあって、そろそろゴールかと思ったら「まだハーフポイント」と言われた時のこの絶望。
正直心が折れそうでした。
もう無理、もうアカン、そう思って這いつくばって進んでいた頃……ようやくそれは顔を出しました。

神殿エド・ディル。
それはエル・ハズネよりも圧倒的にスケールがある見事な神殿でした。
見た瞬間に思わず声が漏れ、そして固まるようにして眺めます。
そうしていると、体の疲労が一気に消えていきました。
それほどまでに見事。
ただただ見事。
そこから後はもう、1時間ほど目の前のカフェで休み、エド・ディルを堪能しました。
すっかり満足した僕。
この頃には体力も回復し、気力も戻ってきたので、後は来た道を歩いて帰りました。
帰り際通りかかったエル・ハズネは、最初の顔とはまた別の顔をしてました。
流石に50の色を持つと言われてるだけありますね。
勿論しっかり休みながら観ました。
これで初日の観光がとりあえず終わったので、ホテルに戻りチェックイン。
部屋でネットをしながらゆっくりし、18時からホテルのバッフェを取りました。
食べ終わってお腹が膨れると眠くなるのが人間の性。
しかしまだイベントは残ってます。
そう、ペトラナイトです。
20時20分に遺跡入口で待ち合わせとのことなので、しっかり着込んで頑張って出発。
着いてみると随分沢山の人が集まってました。
ガイドに導かれるままにシークを移動。
真っ暗の中シークの両端にロウソクが並べられ、幻想的な道ができてました。
歩くこと30分、エル・ハズネに到着。
エル・ハズネの前には無数のロウソクが置かれ、柔らかな灯りのもとエル・ハズネが浮かび上がっていました。
運良く最前列に座ることに成功。
ミントティーが配られ温まっていると、程なくして民族楽器が奏でられ、ガイドがそれに合わせて歌います。
正直音楽は微妙でした。
ショーと言うからもっとダンスとかあるんだと思ったら、ただ一人で楽器を奏でて歌うだけでしたからね。
それでも、その雰囲気は格別。
頭上を見上げると満天の星空、そしてロウソクに灯されるエル・ハズネ。
そこはおそらく太古の人々が見ていたであろう光景が再現されていました。
ちょっとだけタイムスリップした気分です。
ショーが終わると、ガイドが何やら僕達にプレゼントがあると言いました。
なんだろうかと不思議に思ってたら、目をつぶってくれとのこと。
素直に目をつぶっていると、さあ開いてくれ、との声が。
目を開けると……そこには七色に映えるエル・ハズネが映っていました。

赤のエル・ハズネ、紫のエル・ハズネ、黄色のエル・ハズネ、青色のエル・ハズネ。
これは見事。
まさに現代版のエル・ハズネです。
勿論皆拍手喝采。
思い思い写真を撮ってました。
勿論僕もパシャリパシャリと夢中に撮りました。
さて、ひとしきり撮ったところで体力がほぼ無くなってきたので、僕は皆より一足お先にホテルへ。
倒れるようにして一日を終えました、とさ。

とまあこんな感じでペトラ初日が終わりました。
もう満点をつけちゃう一日ですね。
良かった良かった。
明日は朝6時のオープンに合わせてペトラへ行きます。
で、朝たっぷり見た後、一旦帰って休憩しようと思います。
まあもう見るもの全てみたし、マッタリいきましょう。

そいだけー!


ヨルダン旅行 三日目

ちはー、ユウキです。

今日まるまるアンマン観光です。

一日の始まりは朝5時半。
昨日疲れて早めに寝たのでこの時間です。
そのおかげで体は快適。
良い具合です。
朝食は6時半からということでしばらくはネット見ながらボケボケ。
頃合いになったらホテルのレストランへ向かいます。
さてさてバッフェはどんなものか。
正直あまり期待してなかったけれど結構豪華でした。
10種類のホットミールに、5種類のパン。
それにホンモス(豆のペースト)が7種類ほど。
あとはチーズにヨーグルト、シリアルにフルーツなどなど。
中堅クラスにも関わらずこの品揃えはやりますな、Toledo hptel。
沢山食べてお腹いっぱいになった後は、また少し部屋で休息。
朝9時を過ぎて、ようやく一日をスタートすることにしました。
んが、早速問題が。
昨日から分かってたことなんですが、今日はあいにくの雨。
しかもホテルのフロントの人曰く、一日雨とのこと。
やれやれ。
と、普通なら肩を落とす所ですが、今回の僕は違います。
そう、お決まりのレインウェアとレインパンツ以外に、なんと秘密兵器があるんです。
ヨルダンに来る前から雨だったのを知り、出発二日前にAmazonで買ったもの。
それは……シューズカバー!
そう、旅にいつも履いているトレッキングシューズですが、如何せん雨に弱くて。
そんな時このカバーで靴全部を覆えば……なんと完全防水に!
袋みたいになってて靴底から全て覆うのでどこからも雨が入らず、そしてシューズカバーの靴底も滑り止めがついているという至れり尽くせりのこの仕様。
上から下まで完全防水仕様となりました。
そういうわけで雨も気にせず、財布とスマホと地図を持って出発。
周囲は雨だからあまり人がいない中、颯爽と街を闊歩しました。
まず向かったのは、ローマ劇場。
まあこの手のものは世界各地で結構みてるんですが、ヨルダンのはどんなものかチェックを兼ねて、です。
歩いて30分ほどで到着。
チケットを買って中に入ると……なんと雨だからか誰もいない貸切状態。
というかぶっちゃけ問題の雨すら止んできて晴れ間すら見えてきたという。

そんなわけで誰もいないローマ劇場で僕が何をしたかと言うと……。
舞台に上がり、観客席の方を向かって、大声で一人カラオケ!
もうね、気分は古代ローマ人でしたよ。
最上段にまで届く様に大きな声を挙げて、舞台を右往左往と動いて歌う。
多分控えめに言ってこの日世界で一番幸せに歌を歌った人間じゃないかな。
すっかりローマ劇場を堪能した僕、次なる目的地は……正直何も無し。
これにてめぼしいものはほぼほぼ見てしまったのでもう思い当たる所がないんですよ。
まあ丘の上にシタデルっていう城跡地があるんですが、あんなもん腐るほど見てる上に、登るのがダルいのでパス。
なので地図を見るのをやめて何も考えずに街を散策することにしました。
大通りから入り、お店を覗き、小さな小路があれば入り、階段があれば上り、喉が乾いたらコーヒーを買う。
途中からここがどこなのかもう全く分からない状態。
でもまあ気にしません。
ヨルダンは治安も良いし、何かあったら地図で人に聞くなり、最悪タクシー使えばいいだけですからね。
というかこうやって街を歩くと本当に旅に出てきたことを実感します。
途中見晴らしの良い場所へ辿り着いたので一息ついたのですが、この薔薇色の街(ローズシティ)の景観を見てるだけで心が躍ること躍ること。

何というかこういう思いが大好きで僕は今まで旅人生を送ってきたなあと。
そしてその旅人生もこれで一区切りつくんだなあと。
そんな事を考えながら練り歩きました。
で、どこを歩いてるんだか全く分からない状況だったのですが、雰囲気の良いカフェを発券。
疲れたのでコーヒーでも飲んで一息入れることにしました。
中は貸切状態で、接客の良いスタッフと談笑していたら、そいやシーシャ(水タバコ)をまだヨルダンで吸ってなかったなと思いまして。
普段決して喫煙なんぞしない僕ですが、まあ水タバコぐらいは世界各地でたまに吸うし、本場だし良いだろということで吸うことにしました。
味は……なんだったかな。
レモンミントとかそんな感じ。
スタッフが丁寧に作ってくれて、美味しくはないけど気分に浸りながらプカプカと水タバコを嗜む僕でした。

さて、この時点で時刻は大体13時頃。
そろそろ小腹が空いてくる頃合いです。
何だか本場のヨルダン料理が食べたいなあと思って僕が向かった先は、アンマン市内で最も高級レストランの一つとして知られるファハルディーン。
ネットで事前にチェックした所、本当に美味しい本格ヨルダン料理が食べられる模様。
幸いにしてシーシャを吸っていたカフェからほど近い場所にあるようで、意気揚々と向かいました。
歩いて10分ほどしたら、見事な門構えのレストランを発券。
ウキウキしながら入ってみたのですが……。
中からドアを開けてくれたウェイターが僕を見てギョッと固まります。
え、何々?何かしたかな?
そう思って改めて自分を見渡すと……髪の毛は整髪料を何もつけてないボサボサ。
上着はノースフェイスのレインウェア、下は黒いレインパンツ。
極めつけは靴は全部黒いビニールで覆われてるパット見ゴミ袋状態。
対称的に店内は豪華アラビアン調で、ウェイターは全員タキシード。
明らかに、明らかに、明らかに、僕は場違いです。
まずいなあ、こりゃ断られるかな、とかなりドキドキしたのですが、ウェイターは観念したかのように中へ入れてくれました。
導かれるままに店内へ入ったら(他のウェイターやチーフも僕を見てかなり変な顔をしてた)、中は広く調度品も豪華そのもの。

中央のエリアは天井から燦々と太陽の光が降り注ぎ、その下ではドレスで着飾ったマダムとスーツを着たジェントルマンが皆で優雅に食事を取ってました。

あの輪の中に一人で入るのか、と緊張しながらも気合を入れてた僕ですが、ウェイターが案内した席は、入り口隣の端っこの壁際……。
ま、まあ、流石にそうだよな。
こんな汚い恰好で一人で来てるんだから、店としても目立たないどうでも良い場所にいてもらいたいよな。
何だかもう申し訳ない気分で一杯でした。
そうは言っても食べるものは食べないと。
というわけでメニューとにらめっこしながら頼んだ品は、まずホンモス・ビルラハムというホンモス(豆のペースト)に炒めた羊肉を乗せたもの。
そしてクッペナイエという生の羊肉。
メインはカバーブという羊肉を焼いた中東を代表する料理。
以上3品を頼みました。
まず前菜二品が届きます。

右下の赤いのがクッペナイエ。
左上のがホンモス・ビルラハム。
右上のはお通しっぽいトマトで、左下の白いのはガーリッククリームでした。
というわけで早速クッペナイエを食べてみたのですが……。
美味い!美味い!美味い!
これが実に美味いんですよ。
なんて例えれば良いかな。
ユッケというか、身もふたもないこと言えばネギトロっぽい感じもするし。
これにガーリッククリームをつけて食べるともう絶品でした。
というか世界を巡るといつも気づくんですが、日本人が知らない美味しい食べ物ってのはまだまだありますわ。
生の羊肉なんて日本じゃ食べないだろうし……。
で次にトライしたのはホンモス・ビルラハム。
これはまあ何というか可もなく不可もなし。
そもそも僕、豆嫌いなんですよ。
それもピンポイントでペースト状のものが。
だったらなぜ頼んだのか。
はい、それが定番料理だからです。
まあでもレストランの名誉のために言うけど、好きな人が食べたらそりゃ美味いと感じるレベルだと思いますよ、まじで。
前菜をチマチマ食べてた頃、メインのカバーブが登場。
デカイグリルラムが棒状に5本ぐらい入っていて、それに野菜と香辛料とトマトが添えられ、薄いパン2枚でそれら挟んでました。

味はまあ普通に美味い。
つか肉焼いただけだしね。
不味いわけがなし。
でまあムシャムシャ食べてたのですが。
流石にもう如何せんお腹いっぱい。
これそもそも絶対シェアすることを念頭に作られてるので、それを一人で産品も食べる事自体に無理がある。
でもこんな小汚い僕でも入れてくれたんだから、残すのは流石にまずいし……。
というわけで、気合で何とか大半を食べきりました。
ホンモス・ビルラハムだけ少し残したけど。
でこの時点でお腹がやばいのに、せっかくだからスイーツも食べてみるかと止めときゃ良いのにスイーツも頼む僕。
注文したのはムハラビーヤというプリン(とコーヒー)。
プリンぐらいなら食べれるだろ、と軽く思って待ってたら用意されたのがこちら。

お前ね、なにこれは。
左の蜜漬けフルーツなんて頼んでないし、というかそもそもそのフルーツ盛り合わせは何よ。
そしてコーヒーは一杯しか頼んでないのになぜ2杯も持ってきたのか。
正直問い詰めたかったのですが、ただでさえ肩身が狭かったので、黙ってプリンを食べました。
なんか蜂蜜がかかった杏仁豆腐みたいだった。
美味しかったけど。
で蜜漬けのアプリコットを一つ頂き、コーヒーも両方飲み終わったところで遂にお腹パンパン。
大満足のフィニッシュです。
そしてウェイターを呼びチップを多めにお会計しました。
と、そうそう、こんな小汚い恰好で入れてもらったので、せめてもの礼儀として、レストランにいる間は常に背筋を伸ばし姿勢を良くし、お作法よく食べ、丁寧な言葉を使い話しかけ、通り過ぎるウェイターには毎回お辞儀をし、時折来るシェフには食事の感想を笑顔で伝えてました。
なのでウェイターも若干は安心してくれた模様。
日本人として恥を巻き散らかすだけではアレですからな。
良かった良かった。
すっかり大満足した僕。
腹ごなしにホテルまで彷徨いながら歩き、部屋で早めに一日を終えました、とさ。

いやー、当初は何の予定もなかったアンマン観光ですが、案外楽しめました。
考えてみりゃ中東ってトルコしか行ったことが無いですからな。
新鮮でしたわ。
つかあれですね、もっと民族衣装を皆着てると思ったのですが、女性ならイザ知らず、男性は皆洋服着てました。
僕は現地の服を着るのが大好きなので楽しみにしてたのですが、この点だけは残念かなと。
あと、コーヒーの味が全然違う。
何と言えば良いかな。
うーん、スモークした感じといえば良いのか。
ともかく日本のものとは似ても似つかない代物です。
それと食事繋がりでもう一つ。
ヨルダンの甘いものって何にでも蜜がかかってるんですよ。
それもたっぷりと。
甘いのが大好きなのでウェルカムなんですが、何というかヨルダン人の蜜に関する歴史の深さを感じました。
日本で言えば餡みたいなもんなんでしょうな。
まあいいけど。

というわけで、明日からはいよいよメインイベント、ペトラへ向かいます。
現地には二泊三日する予定。
人生において最後の一箇所とも言える目玉スポット。
果たして無事にみれるのでしょうか。
たどり着けるのでしょうか!
今から僕も楽しみでしょうがありません。
明日の日記をお待ちあれ!

ではー!


ヨルダン旅行 二日目

ユウキです。

今日から遂にヨルダン入りです。

カイロ空港で終えた一日目ですが、あれからすぐにヨルダンへ向けて出発しました。
といっても一時間強のフライトなので本当にあっという間。
感慨に浸る間もなく、こんにちはヨルダンです。
着いてみると意外に暑からず寒からず。
ちょうどよい気温っぽい。
しかも天気も雨じゃなかったし。
で、とりあえず入国手続を済ませます。
というかあれですね、ヨルダンて入国カードを書く必要がないんですね。
しかもアライバルビザですら書類が要らずスタンプを一つ押すだけ。
もう何も準備しないでたった数分で入国できました。
楽っちゃ楽なんだけど、これで良いんだろうか……。
無事にヨルダンの地を踏んだ僕。
まず銀行でお金を両替し、それからエアポートバスへ乗り込みました。
アンマンの宿はToledo hotelという中級ホテル。
ダウンタウンの程近い場所にあります。
エアポートバスで4thスクウェアへ向かい、そこで下車。
ドライバーのおっちゃんはタクシーを使って向かえとアドバイスしてくれたのですが、地図を見た感じ15分ほどだったので、街の散策がてら歩いていくことに。
が、これが失敗。
行けども行けどもたどり着けず、しかも大通りは横切ることができないし、道にも迷ってきて、なかなか思うように進めず。
まいったなあ、どうしようかな、と思ってた所、流しのタクシーが目の前に止まりました。
ドライバーに、Toledo hotelを探してるといったら「2ディナール(280円)でいいよ」とのこと。
もう十分歩いたしこれ以上疲れるわけに行かないので乗り込むことになりました。
で、タクシーでマッタリ向かっていたのですが、ここでタクシーのおっちゃんが一言。
「ヘイブラザー、死海へ行かないか?安くしとくよ!」
もともとの予定では死海に行くのは明日。
でも天気予報を見る限り明日は残念ながら雨の模様。
そして今は午前10時。
となるとこれに乗るのも良いかなー思い始めた僕。
とりあえず試しに値段を聞いたらなんと「30ディナール(4200円)」。
この数字はガイドブックを見る限りにおいて一番安価な値段設定。
それならばと、何度も何度も念押して30ディナールと確認した上で、急遽死海へ今日行くことにしました。
というわけでまずToledo hotelへチェックイン。
まだ午前10時だから流石に無理かと思ったら、なんとチェックインさせてくれた。
ありがたい、ありがたい。
で荷物をおいたらすぐにタクシーへ乗り込みました。
アンマン市内から死海へは1時間ほど。
ビュンビュンと向かいます。
死海に行くことに決まったら、次に考えないといけないのはどこのビーチにするか。
僕本当は高級ホテルのクラウンプラザビーチに行きたかったんですよ。
どうせ一回しか来ないし、しかも大して高くないから。
でもドライバーが公共の方が安くて良いよってあまりにも五月蝿いから(フィーでも入るんだろ、どうせ)、根負けしてアンマンビーチへ行くことにしました。
が、結果的には、これはなかなか悪くない選択でした。
着いてみると安い割にはかなり綺麗。
プールは広いし、ビーチもまあそこそこ。
ロッカーやシャワーも完備してるし普通に使う分には申し分ない感じ。
そしてタクシードライバーにチップを渡してカメラマンにもなってもらって、万全の準備が整います。
そして遂にいざ死海へ!
噂に聞く死海はさてさてどんなもんなのか。
おっかなびっくり片足をつけてみると若干ひんやり気味。
まあまだ冬だからしゃあなしか。
でも寒くて入れないわけでもない。
で、まあとりあえず頑張ってゆっくりと全身を浸かって、体を伸ばしてみたところ……。
浮いた!
体がぷかっと浮いた!
そう、塩分濃度が濃いゆえに体がプカプカ浮くのは当然百も承知なんですが、いざ体験してみると、これがなかなかにして摩訶不思議。
下から突き上げられてるわけでもなく、体に力を入れるわけでもなく、ただ浮く。
試しに足と手を突き上げても、まだ浮く。
体の力を抜いてダラリとしても浮く。
……いやはや、不思議な事もあるもんだ。
しかも結構気持ち良いし。
そんなわけで死海をプカプカ浮いてポージング。
あんな角度やこんな角度でたっぷり写真を撮ってもらいました。
次にやったのは、泥パック。
何やら死海の泥って美容に良いらしいんですよ。
名物らしくって。
なのでお金払って顔以外全身に塗ってもらいましたよ。
ええ、はい、もう全身真っ黒状態
まあもう死海なんて二度ときませんからな。
同じ阿呆なら踊らにゃ損損、です。
で、泥を塗って乾かしたら、最後にまた死海へ。
泥を丁寧に流し落とします。
が、これがなかなか難儀。
泥が落ちないんですわ。
ゴシゴシ洗ってると体が気持ちヒリヒリしてくるし。
そして極めつけはその味。
試しに、皮膚についた雫を一滴舐めてみた所……これが悶絶するほど濃い塩の味。
もうここまで強烈な塩水初めて。
こりゃあ体が浮くのも分かるわ。
いやはや……。
さて死海を満喫した僕。
後はシャワーを浴びて帰るかと思ったら……なんと、ロッカーの鍵がない!
そうなんです。
ロッカーの鍵、水着のポケットの入れといたんですが、探しても探してもないんです。
どどどどど、どないしょ。
いやまじでどないしょ。
焦りまくって焦りまくってタクシードライバーと一緒に探す僕。
砂浜を調べ海を調べ、もう泣きそうになりながら探しまくった所……海底にあった!
いやーもうまじで生きた心地がしませんでしたよ。
どうしようかと思いました。
僕の旅は初日でとんでもない目に遭うのか、と。
ヒヤリとした僕は、大人しくシャワーを浴びて着替えてタクシーで帰りました、とさ。
ちなみにお値段なんですが、往復で30ディナールだったんですが、色々ありまして結局50ディナール払うことになりました。
いやまあ無理やりというより僕も納得の上なんですけどね。
ホテル片道分とか泥パック代とかカメラマン代とかチップとか諸々あるし。
相場から考えたらぼったくられてるわけじゃないしね。
まあ何よりこのドライバー親切で、僕もとてもとても楽しめたので良しとしましょう。
というわけで死海を堪能した僕。
ホテルに戻って一息つきました。

さて、これからどうするか。
あんま寝てないから寝ようかな、と思って時間を見るとまだ午後2時。
これはまだまだ休めない。
せっかくのヨルダンだしね、ということでダウンタウンへ繰り出すことにしました。
まずはお腹がペコペコだったので適当なレストランへ。
メニューを眺めて頼んだのは、ヨルダン名物のマンサフ。
マンサフとはご飯の上に煮込んだ羊肉を乗せてヨーグルトソースがかかった料理とのこと。
さてさて、一体どんなものかと思って待ってたら出てきたのがこちら。

うん、確かに黄色いライスの上に羊肉が乗ってるな。
匂いも良い感じ。
そう思って食べてみると……普通に美味い。
まあそりゃそうか。
ちょっと味が付いたライスに羊肉だもんな。
不味いワケがない。
あ、でも、この付け合せにでてきたスープ。
これは不味い。
何だか温かいヨーグルトみたいな味で、しかも癖のあるタイプ。
こりゃあ悪いけど僕には合わないな、と思って、ムシャムシャライスと羊肉だけを食べてました。
が。
ここでメニューの説明を思い出します。
確かマンサフってヨーグルトソースがかかってんだよな。
あれ、もしやこのスープ、かけて食べるんじゃね?
そう疑問に思ってスタッフに聞いてみた所……やはりこれスープをかけるやつみたいでした。
なーんやねん。
しょうがないのでスープをちびちびかけながら食べる僕。
が、まあ、ぶっちゃけ不味いスープはかけたところで不味い。
どうやっても駄目でした。
結局ライスと羊肉だけ食べきりました、とさ。
お腹が膨れた所で、最後は甘いもの。
スタッフにオススメの甘いものを持ってきてくれと頼んで出されたのがこちら。

カナーフェという料理。
なんだか平たいものに焼き色がついてる感じ。
で、食べてみると、何というか餅を平べったくして蜂蜜をかけたっぽい食べ物でした。
モチモチネバネバしてる。
でも甘くて甘くて個人的にはありあり。
上に乗ってるのはなんだろうな。
ピスタチオかな。
まあオススメだけあって美味しかったです。
で一緒にコーヒーも頼んだのですが、こちらは少々失敗。
デミタスカップみたいなのに入ってたのでがぶ飲みしたのですが、最後はもう粉だらけ。
あれでしたっけ、中東のコーヒーって上澄みだけ飲むやつなんでしたっけ。
確かトルコだかエジプトだか行った時教わったんだよなあ。
まあそれを忘れて粉を飲みまくってしまいました、とさ。
おえええええ。

お腹が膨れて元気を取り戻した僕。
時間は15時。
まだまだ頑張っちゃいます。
というわけで次の目的地はヨルダン美術館。
ここにはなんと、かの名高き死海文書があるんです!!!
死海文書、どうですこの魅惑的な響き。
某国民的アニメのキーアイテムにもなってる死海文書。
これは見るしかありません。
しかも明日は休館日なのでなんとしても今日閉館時間17時までに行かなければ。
というわけで早速地図を頼りに歩いて向かいます。
そして要所要所、通行人や警察に聞いて場所を確認、確認。
んが、んが、んが。
これが全くの駄目。
つかね、ヨルダン人、いい加減なことばかり言うんですよ。
右だよ、左だよ、後ろだよ、前だよ、と。
お前ら聞く度に違う方角指すじゃねえか。
極めつけは交番ですよ。
警察に聞いたら左行けって言うんです。
でも僕的にはどう考えても右だと思うんですよね。
絶対右。
そう思っても警察は自信満々に左っていうんですよ。
なもんで現地のしかも警察がココまで言うんならまあそうなんだろうと思って歩くじゃないですか。
ええ、20分ぐらい歩きましたよ。
そしたらね、行けども行けども見えないんですわ。
こりゃ絶対間違えてるよと思って道行くヨーロピアンツーリストに聞いたら、やっぱ真逆の方角ですって。
……お前ね、そりゃねえよ……何のための警察だよ……。
かなりがっくりしたのですが、何とか持ち直して戻ります。
途中タクシーを使おうかと思ったのですが、何故か一向に止まってくれず。
仕方ないので最後まで歩きました。
で、16時頃だったかな。
ようやくお目当ての美術館へ到着。
もうこれだけでやり切った感が強かったです。
でチケットを買って、中へ入ると、最初のコーナーの看板に書いてた文字がこれ。
「Dead see scrolls」
もうね、この時点で苦労が報われた気がしましたよ。
そしてドキドキしながら入ると……ありました!
死海文書ありましたよ!
これ!

ジャーン。
どうですか、これにあれですよ。
ロンギヌスの槍だとか使徒だとかが書いてるんですよ(書いてない
もうまじで感動でしたわ。
しかも何が良いかって、現地民はこんなものに興味ないのか、誰も人がおらず、メテム独占状態。
ありえないですよね、死海文書を独占だなんて!
結局20分ほどずっと眺めて、はるかな昔に思いを馳せ、堪能しました。
まじ贅沢体験この上なしです!
というわけで、すっかり満足した僕。
ここにきてようやく体力が限界になってきたので、ダウンタウンのお店をプラプラ覗いて歩きつつ、菓子パン屋さんでパンを買って、ホテルへ。
前日から続いた長い長い一日を終えました、とさ。

ま、こんな感じかな。
正直初日に詰め込みすぎましたわ。
アンマンでのタスクを全てこなした感じ。
まあでも行ける内に行っとけってことですな。
明日は雨らしいので、レインウェアを着て街を散策する予定です。
ローマ神殿とかそこいら辺を眺めようかなと思ってます。
まあマッタリモードだとは思いますが。

んじゃま、そいだけー


ヨルダン旅行 一日目

ユウキです。

今日から2018年の旅が始まります。
目的は……中東にありますヨルダンです!
実は、永遠の旅人と謳ってる僕ですが、そろそろ行きたい所はほぼほぼ行き尽くしたという嬉しいんだか悲しいんだか分からない状態。
そんな僕に唯一残ってる心残りがヨルダンはペトラ遺跡なんです。
ペトラ遺跡、皆さんご存知ですか?
中東に眠る神秘。
かの名高きアドベンチャー映画「インディージョーンズ・最後の聖戦」の舞台になった遺跡なんですよ!
インディージョーンズを観て育った世代としては前々から行きたくて行きたくてしょうがなかった場所なんです。
これはもうテンション上がりますよね。
というわけで行ってきますよ、ヨルダン。
とりあえずの旅程としては11日から出発し、何事もなければ18日に帰国です。
6泊8日というショートトリップ。
が、実は今の時点での情報だと、現地は雨の模様。
まあ僕は雨はそこまで気にしない性格なんですが、なんとペトラ、雨だと閉鎖するらしいんですよ。
ひどい状態だと数日は入れないとか。
なもんで、もし雨がひどくてペトラに入れなかったら、延泊をしてでも入るつもりです。
もう何日だって居座る覚悟でありますわ。
というわけで、帰国は仮置きの18日、というわけです。
さてさてどうなることやら。
今から不安一杯楽しみ一杯、ワクワクドキドキアドベンチャーですわ。
皆さんどうぞお付き合いくださいー!

というわけで、一日の始まりは昼13時。
つかぶっちゃけほとんど寝れなかった。
最初のフライトは21時だったから、このまま起きてようかなと思ってたぐらい。
ま、まあ、何とか5時間ほど寝れたかな。
で、顔洗って着替えてパッキングして出発。
いつもは成田空港に出発3時間前に着くようにしてるんだけど、今日は飯を食べたかったので4時間ほど前に到着。
地元松戸のラーメン屋「とみ田」でつけ麺を食べる。
でお腹も膨れたのでさてまったりチェックインでも思ったら……なんとこれが長蛇の列。
おまえね、今日日オンラインチェックインすら対応してないのかよと。
ウンザリしながら並ぶこと1時間、すっかり疲れ切った頃にようやくチェックインしました。
それから出国手続きして、お得意のプライオリティパスでラウンジで休み(相変わらずKALラウンジはしょぼい)、程なく飛行機で出発。
今回はまずMS965便にてエジプトのカイロへ。
それからヨルダンのアンマンに行く感じ。
事前チェックしたところMS965便にはUSBポートがある模様。
なので予めコードをもって乗り込む。
で、無事USBを発見し充電しながら、お決まりの睡眠薬を飲んで寝つつ、本読んで過ごしました。
で約14時間のフライトが無事終了。
正直全然疲れなかった。
で、カイロの空港で、またプライオリティパスのラウンジを見つけて(こちらもしょぼい)一息。
Wifiもあったので今こうして日記を書いてますよ、と。

この後は7時25分の便でアンマンへ向かう予定。
現地はもう朝なので、ホテルに向かい荷物を下ろした後、街を散策しようかなと。
雨じゃなかったらそのまま死海に行っても良いかもね。
まあ臨機応変にいきましょ。

と、そんなわけでこうして人生最後の旅ヨルダン編が始まりましたわ。
楽しんでいきましょー!


100キロ ウォーキング

ユウキです。

新コンテンツ「Walking」をはじめました。

実はこの数年ほどウォーキングダイエットをしてます。
結構本格的にやってまして、最低でも毎日三時間、距離にして15キロ程歩いてるんですよ。
仕事柄、東京駅や渋谷駅で打ち合わせが頻繁にあるので、都内の移動を全部ウォーキングに充ててる感じです。
他にも荒川土手を歩くのにハマってまして、深夜大声で歌いながら歩いてる不審者がいたら、それは私です。
そんな生活を続けてると、体重は面白いように落ちます。
BMI23ぐらいだったのが、今ではなんと不健康ライン18.3に突入してたりします。
もうすでに不必要になった習慣ですが、なぜか歩くことに目覚めてしまい、最近だと家にいるときにもどんなコースがあるのかとか、最新のアイテムは何かとかネットで調べるレベルです。
まあそんなもんで、いっちょこのウォーキングを記録で残しておこうと思ったわけです。
ブログもちょうどありますからね。

ということで記念すべき第一回目「100キロウォーキング」です。

皆さん、100キロウォーキングって聞いたことあります?
読んで字の如く、100キロを歩くんですよ。
そんなファンキーなアクティビティ当然知らなかったんですが、ウォーカーの間では結構ポピュラーらしく、全国各地でイベントがあるみたいなんですよ。
それでは早速腕試しに参加をしようかと考えたのですが、残念なことに近日中に行われるイベントがないようでして。
だったらどうするか、しばらく待つか。
いやここはあれだ、起業家らしく「無いのなら、歩いてみせよう、ホトトギス」
というわけで、100キロウォーキングに挑戦しました。

さて、100キロということでまずはルートを決めます。
そう思っていつもお世話になってる国道1号線を進んでいくと、ちょうど湯河原駅で100キロになることが分かりました。
というわけでルートは日本橋~湯河原に決定。
どっちをINにしてどっちをOUTにするか悩みましたが、昼に出発して深夜も歩くことを考えると、湯河原IN日本橋OUTにすることにしました。
地の利がない湯河原を夜に歩くのは危険だしコンビニも無いだろうと考えた為です。
というわけで出来上がったルートはこちら。

次に持っていく荷物ですが、軽ければ軽いほうが良いので、最小限にとどめました。

  • 非常用食料(500ミリペットボトル水、カロリーメイト、ウィダーインゼリー)
  • 薬など雑貨ポーチ
  • 下着着替え
  • スマホバッテリー
  • ティッシュ類

要所要所でブログをつけるためラップトップを持っていこうか最後まで悩んだんですが、今回はブログにするのが目的ではなく、完歩することが目的なのでやめました。
ストイックに徹します。

服装はいつもの恰好。

  • NIKEのシューズ
  • NIKEの上下ウェア
  • NIKEのニット帽
  • NIKEのネックウォーマー
  • ユニクロの肌着
  • ユニクロのフリース
  • ユニクロのシャツ
  • サポートスパッツ

ココらへんは着なれているので問題なし。
唯一諸事情により手袋が無いぐらいのが不安材料ぐらいです。

開始時間帯は、午前10時より湯河原を出発することにしました。
理論上は25時頃横浜にたどり着き、朝9時には日本橋でコーヒーでも飲んでいることになります。
前日はウォーキングを控えて、夕方には寝ます。

食料ですが、今回ばかりはダイエットは一切気にせず、エネルギーになりやすいものを大量にコンビニで仕入れることにしました。
一時間歩く前に一時間分のカロリー(200kcal)を食べる感じ。
歩き終わって太ってるぐらいでよいです。
ガス欠で倒れるよりマシです。
食べるレパートリーはこちら。

  • ウィダーインゼリー
  • 一本満足バー
  • うどん
  • パスタ
  • ご飯
  • パン

以上が、準備したものです。
我ながら完璧の計画です。

というわけで、長い長い一日が幕を開けます。

一日の始まりは朝6時。
きっちり12時間寝ました。
体は完璧な状態です。
朝飯は消化によくエネルギーになりやすいうどんを一玉麺つゆで食べました。
冷凍うどんはどうやっても美味いのです。
快速アクティー(熱海行き)に乗って湯河原へ。
混んでいたので迷うこと無くグリーンを選択。
ここでつまらない体力を使うわけにはいきませんからね。
9時30分頃駅に到着。
さて出よう、と思ったら、ここで最初のトラブルが発生。
ポケットを漁ったら財布がない!
これは第一級にまずいと思って、慌てて座席へ戻って床に這いつくばったら椅子の下に落ちてました。
心の底から一安心。
今回の旅が始まる前に終わったかと思いました。
IT人間っぽく、前から気になってたMAMORIOを買おうと誓った瞬間です……。

さて、何とか無事に湯河原へ到着。
天気は快晴。
体調は完璧。
というわけで午前10時ピッタリに、僕の挑戦は始まりです。

最初に目指すのは一個目の通過ポイント小田原。
17キロほどの場所です。
まあ体力もあるので早く着くでしょう。
というわけで歩き始めます。
ザムッ。
ザムッ。
ザムッ。
この時点では余裕しか無いのでとても楽しい。
自然が豊かな場所なので、海は綺麗だし、山も素敵。

これはもう「ウォーキング」ではなく「冒険」です。
僕の「冒険」。

ただ途中ちょっと辛い所がありました。
湯河原からの国道135号線の歩行路が狭いんですよ。
一応あるにはあるのですが、樹の枝が凄くてとても歩けないレベル。
結果自動車道に少しはみ出しながら歩く事に。
横をガンガン車が通るのでちょっと怖かったです。
しかもコンビニもまったくないんですよ。
これはこのタイミング、この時間に通過できて良かったです。
逆走してたらえらい目に遭っていたような……。

そんなこんなで歩き始めて3時間半ほど、小田原へ到着。
街を通り過ぎていると「薄皮あんぱん」の専門店とやらを発見。

あんぱんLoverの僕としては迷うこと無く購入。
桜白餡をチョイス。
お店のおばちゃんと交わす軽快なトーク。
写真も撮ってる辺り、余裕が感じられますな。
ついでに小田原を歩いているとどら焼き専門店なんかもありました。

今度はバター入りどら焼きをゲット。
お分かりの通り、もうピクニック感覚なんですよ。
まだまだ元気だし、新しい街なんで楽しくてしょうがないんです。

甘いものを食べて次のチェックポイントへ。
33キロ地点の大磯。
勝手な想像ですが、スタバとかあって適度に都会なんでしょうな。
17時には到着するはずなので、ドーナツ片手にゆっくりしよう、なんてことを考えていました。
道中、母親から「富士山が見えるでしょ」と連絡が。
横を眺めると確かにそれらしいのが。
ちょっと自信がなかったので、みかん屋のおばちゃんに聞いたら、やはり富士山の模様。
歩き旅は情緒がありますなあ。
それからまたエッチラオッチラ歩きます。
ザムッ。
ザムッ。
ザムッ。
道中は相変わらず甘いものを食べてばかり。
これはクリームドーナツ。

食べると少しだけ元気が出ます。
回復薬(HP+5)なんですかね。

しかし、この頃から怪しくなる雲行き。
15キロ20キロは普段から歩いてるんですが、今回は100キロですからね。
しかも徹夜で。
すでに六時間経過してるんですが、足が痛くなってきました。
激しく企画ミスの香りが……。

ずっとやり取りしていた母親にも愚痴をこぼします。

さて、辛くなりながらも、二個目のポイントへ到着。
スタバで一息と思ったら、駅前には何もありませんでした。
パン屋ぐらいはと思ったら、それらしき店は閉まってるという……。
しかたないのでコンビニで体力補給し(まるごとバナナを食べました)、休まないで歩く事に。
というか第二通過ポイントって簡単に書いてますけど、これだけで東京~横浜の距離なんですよね。
にも関わらずまだ三分の一ですよ。
まだ三分の一。
ただただ絶望しか無い……。

心が折れそうになりながら歩きます。
この時点ですでに8時間経過。
外はもう暗くなりつつあります。
寒くなってきたので、防寒グッズ(ニット帽、ネックウォーマー、フリース)を着込みます。
途中、無慈悲にこんな標識が……。

この時点で34キロ歩いたということは、ちょうど山手線一周にあたる感じですね。
たまに深夜一人で一周してるんですが、その時は休みをたっぷり入れて歩いてるんですよ。
でも頑張れば休まず歩けるってことですね。
人間為せば成る。

歩き続けて、平塚を過ぎ、相模川を渡り、茅ヶ崎を通過。
茅ヶ崎に温泉があるらしく、入ろうか悩んでいたのですが、そうこうする間に通り過ぎていました。
まあまだ体力的には余裕があるから大丈夫大丈夫。
そう言えば道中にやたらクッキーの自販機がありました。
これは一体なんなんですかね。

というわけでひたすら歩きます。
そして食べます、食べます。
今回だけで10本以上食べてますよ、これ。

それとここいら辺の国道は結構工事が多くて、これが地味に辛く、道も狭くてわからない上に、何とか突き進むとこれ。

もう勘弁してくれ……。
凹んで迂回して歩いていると、三個目のポイント到着。
折り返し地点50キロとなる藤沢です。
あまり疲れてないし、お腹も減ってないけれど、スマホのバッテリーが怪しくなってきたので、ロイヤルホスト藤沢本町店へ。
コーヒーを飲んで休みます。
あと次の歩行分のエネルギーのために、パスタとパンを食べました。
ポルチーニ茸のパスタとかそんな感じの。
地味に美味い。
あとは体のメンテナンス。
用意していたサロンパスをふくらはぎと腰に貼ります。
24時間効果が持つらしいです。
最近のは凄いな……。
ロイヤルホストは落ち着くし、店員の接客も良いので、気分はすっかりリフレッシュ。
若干眠さはありますが、この時点ではまだまだ7割ぐらいの体力が残っています。
というわけで一時間半ほど休んで、23時10分頃出発。
次の通過点は一気に横浜、70キロ地点です。
あそこまで行けば後は楽。
そう思って勢いつけて歩き始めました。

……が、早速問題が発生。
歩いて数分ほどの距離にある境川を通る藤沢バイパス。
ここが入れなくなっており、そして付近の橋と道が全て工事中になっていたのです。
Google mapを見ると道っぽいのはあるけれど、行ってみたらそれすらも工事で通れず。
しかたないので辺りをさまよう事に。
橋付近の砂利道を進みます。
信号はおろか街灯もなく、どう考えても通常の道ではない感じの道です。
方向も目指しているのとは随分ずれてくるし……。
結局闇雲に歩きながらなんとか通過。
たった一キロの距離を一時間もかかってしまいました……。
それから必死に歩いて深夜1時20分、戸塚駅到着。
駅前は栄えていましたが、この時間なので関係なし。
コンビニでココアを飲んだら、美味しくて美味しくて。
しかしここいら辺は道に迷いまくって精神的にきつかったですね。
あまりに錯乱したのか、夜空に浮かぶ月の綺麗さに感動してましたよ。

それからひたすら歩きます。
途中パンの美味しい匂いがしてきたので何かと思ったらパン工場が。

昼間なら焼き立てパン売ってるんだろうなあ。

ここいら辺に差し掛かってくると、流石に体にも異変が訪れます。
膝やふくらはぎ、太ももなどは一切問題はないのですが、両足の小指と腰に結構な痛みが。
そのため速度も落ちてきます。
考えてみたら、横浜には24時だの25時だのに着く予定だったんですよね。
それが現実では27時の段階で保土ヶ谷にすらたどり着いてない……。
どんだけ甘い見積もりだったのか……。
あとパスタがエネルギーに良いっていうから、コンビニでラグーソースのパスタを食べたんですよ。
でもこれが弱ってる体にはきつくて。
ラグーソースが地味に気持ち悪くなるんですよ。
誰だ、パスタが良いなんて言ったやつは……。

そんなこんなで精も根も尽き果てそうになった頃、横浜へ到着。

何とか近くにマクドナルドを発見し休憩。
この時点で体と心がかなり辛くなってきました。
膝やふくらはぎは一つも痛くないんですが、小指と腰がやばいんです。
これが噂に聞く地獄の門が開いたという状態なんでしょうかね……。
一時間ほど休み、足をほぐして、朝6時に横浜を出発。
体的にはまだ深刻なほどではないのですが、少し眠くなってきました。
頑張ろう。

2時間後の朝8時に川崎市へ。

なか卯にてうどんを食べました。
カフェで休もうか悩みましたが、まあまだまだ平気なのでそのまま蒲田まで歩くことに。

歩き始めて23時間。
朝9時についに東京都へ。

というか23時間歩くって何考えてるんですかね……。
自分でも不思議だ……。

そして9時49分、ほぼ24時間かけて蒲田へ到着。
この頃になると時速4キロすら出てない感じです。
流石に都会なのでタリーズがあって休憩。
コーヒーとドーナツを注文。
オシャレな店内なのに、汚い恰好で素足で休んでいるんだから、迷惑をかけてたんでしょうね。
申し訳ないと思ってたのですが、まあ今回ばかりは大目に見てください……。
とりあえず体調確認。
小指が明らかに痛みが酷いので靴下を脱いだら、異常な肉刺(まめ)が出来てました。
通常のものと大きさが違っていて、小指の第一関節を全体的に覆う感じの凄いのが。
ハサミで穴開けて治療。
左の肉刺も対処。
ここいら辺は昔のサッカー部の経験が活きますね。
冷静に判断すると、腰含めて他、特に致命的な箇所は無し。
もう2年ほどウォーキングライフを送ってるので、筋力体力共に、100キロウォーキングに耐えうるレベルがついているんでしょうね。
あ、でも、精神的にそろそろいい加減歩くのに飽きてきました。
ココらへんは景色がつまらないし、面白いお店も開いてないので、気分転換が一切ないんですよ。
ちょっとそういう意味で辛いです。
タリーズには30分ほど滞在。
肉刺潰して、靴下変えて、足首に湿布を貼って、気分転換したので、色々回復。
品川までは頑張れそうです。
というわけで歩きます。
ザムッ。
ザムッ。
ザムッ。
先にも書いたとおり、速度が落ちてるので地味に品川が遠く。

12時44分、なんとか品川へたどり着きました。
休もうか悩みましたが、まだいけると踏んでそのまま出発。
ここからは馴染みのある道なので悩むことはありません。
コンビニやカフェも沢山ありますしね。
本当に湯河原IN東京OUTにして良かったです。
これが逆走してたら、このコンディションで、休む場所が一切なく道も狭くてわからない湯河原近辺を歩いたことになります。
考えただけでゾッとしますね……。

ゆっくり歩いて浜松町へ到着。
ゴールまであと7キロぐらいなんですが、今の僕にはかなり辛い感じ。
隣で歩いてるおばあちゃんと同じ速度だから泣けてきます。
この頃になると、哲学的なことを考えるようになります。
僕は一体何をしているんだろう、と。
思わず母親につぶやいてしまいました。

さて、休もうかどうしようか、と悩んでいる間に、ホームタウンである銀座へ到着。
いつもの景色を横目に、ゴールへと向かいます。
ゴールは日本橋なので東京駅を通過。
眼視では確認できる距離なんですが、それでも遠くて……。
ゆっくり進みます。
一歩一歩、遅いけれど確実に。
誰かと競争しているわけではないので、焦らず焦らず。
そして、14時18分。
遂に日本橋へ到着。

感動のゴール。
頭の中ではファンファーレが鳴っていました。
正直歩ける状態ではなかったですが、最後の気力で近くのスタバに入り、崩れるように椅子へ。
普段は決して頼まないラテを注文。
疲れた体に甘さが染み渡りました。

というわけで、無事100キロウォーキングを完歩しました。
時間にして28時間18分。
距離にして101キロ。
3時間20分ほど休んだので、徹夜で25時間歩いたわけです。
時速4キロ計算。
普段は時速4.8キロほどなので、やはりパフォーマンスが後半落ちていましたね。
体力的、精神力的には、結構辛かったですが、まあ思ったほどでもなかったです。
やはりベースはもうある程度できているんでしょう。
肉刺への事前対処と腰へのサポーターなんかをつければ、もっと楽になれる気がします。
いやしかし、やりきった感が半端ありません。
ウォーキングライフの集大成を無事完遂できた事による達成感。
完歩出来る想像が全くできなかっただけに、本当に満足です。
この達成は、今後の人生の支え、そしてネタになるなあと強く思います。
本当に自分を褒めてあげたいです。

さて、それでは感謝の言葉といくつかのTipsを書きます。
後世の人々の参考になれれば。

まず、今回の旅で一緒に寝ないで応援してくれた母親。
LINEでずっと励ましてくれて嬉しかったです。
ありがとう。
そしてTwitterで声援を送ってくれた方々。
返信は遅れましたが読んでいて支えになりました。
こちらも感謝しかありません。
他には各地のコンビニの店員さんたち。
トイレ休憩ではどれだけお世話になったでしょう。
みんな快く対応してくれて助かりました。
というわけで皆さん本当にありがとうございます。

次にこの旅で気づいたTips。
まず、食料。
これは1時間毎に200キロカロリー分の食料を食べて歩けば、案外食事休憩は要らず、体力的にも問題なかったです。
具体的には一本満足バーとウィダーインゼリーさえあれば他には何も要らない感じ。
プラス基礎代謝分ぐらいは食べた方が良いかもしれませんね。
とにかく道中一本満足バーを食べまくりました。
甘いものが大好きなので何一つ問題なかったです。
飲み物に関しては、コンビニで常に水を買ってたので、こちらも困らず。
トイレも適度にコンビニがあるので問題ありませんでした。
次に休憩。
正直あまり取る必要性を感じられません。
理由としては、そこまで疲れないというのが大きいですし、それによしんば疲れたとしても一時間座った程度ではぶっちゃけあまり回復しなくて。
にも関わらず、中途半端に座ると筋肉が硬直してしまうので、出だしが更にきつくなるという……。
なので歩けるだけ歩いたほうが良いかも知れませんね。
勿論肉刺の対処とかスマホの充電だとかで、現実問題休まざるを得ませんが。
あとはルート。
これ、何度も書きましたが、東京~湯河原コースを歩く場合、絶対に湯河原IN東京OUTにした方が良いですね。
湯河原付近は国道の歩行路が狭く本当に歩き辛いんですよ。
加えてカフェやコンビニが何もない状況が続きます。
もし東京INにした場合、気力体力が尽き果てた状態でここに入ることになるので、悲惨なことになります。
なので湯河原INにして気力体力がある時に一気にココを抜け、やばくなった時には勝手知ったる都内にいる、という状況が望ましいかとお思います。
あと僕の時だけかもしれないが藤沢周辺が工事だらけで非常に困りました。
まあどんな時だろうと通れない道は必ずあるので注意が必要です。
出発時刻は午前十時にして正解でした。
湯河原を余裕で抜けて、夜に休憩、横浜以降朝を迎えて、都心に着く頃にはカフェが開いてる時間になってる、と。
特に理由がない場合は、この設定で問題ないと思います。
あとは荷物。
正直ラップトップを持っていこうか悩みましたが、持って行かないで大正解でした。
そもそも休憩はあまり取らないし、ラップトップでブログ書く余裕は全く無かったです。
なので冒頭書いたとおりの最小限で十分でしたね。
足りずに困ったものはなかったですし、無駄だったものもなかったです。
まあ良かったといったところですね。

というわけで、以上が100キロウォーキングのレポートです。
楽しんでもらえたら何よりです。
そして、ここからはじまるはウォーカーとしての日々。
全国津々浦々、道はどこにでもありますからね。
行ってみせよう、どこにでも。
歩いていこう、どこまでも。
Travel同様に年に1回程度の更新を目指します。
まあ気長にお待ち頂ければと思います。

というわけで、新コンテンツWalkingでしたー!


ウズベキスタン旅行 総括

ユウキですー

いやー遂に青の都サマルカンドへ行っちゃいましたよ。
シルクロードですよ、シルクロード。
感動したなあ~。
というわけで今回の旅、一言で表現すると……「悪くなし」って感じです。
嫌な目にも遭わないし、見どころは良かったので。
でもいの一番に行かないといけないってわけでは無いかも。
サマルカンドに興味があるならどうぞ、ハズレじゃないよ、みたいな?
まあそんなところですかね。
んじゃ少し振り返ってみましょう。

■ヒヴァ
最初に訪れた街。
古都というだけあって雰囲気があります。
時間があるなら寄る価値はあるかと。
泊まるなら絶対にイチャン・カラ内がオススメ。
でも、ぶっちゃけ1日あったら観て回れるので、僕みたいに2泊は必要無いかな。

■サマルカンド
旅人の永遠のあこがれ青の都。
流石に音に聞くだけあって見事。
レギスタン広場やバザール、そして特にシャーヒズィンダ廟群なんか雰囲気バッチリ。
新市街もあるし、ゆっくり見て回りたい。
でも僕は4泊したんですが、流石に4泊は多すぎ。
ぶっちゃけ2泊で十分かもしれない。
泊まるならレギスタン広場付近がいいですよ。
新市街だと遠すぎますので。

■飯
うーん、不味くはない。
プロフは美味いし、シャシリクもまずいわけがない。
勿論マンティーも。
でも正直飽きてくる。
ウズベキスタン、珍しく中華料理屋が無いんですよ。
洋食なんて当然食べれません。
なのでレパートリーが激しく少ない。
ここいら辺は気をつけられたし。

■ホテル
泊まったホテルはこちら。

  • タシケント「City Line Boutique Hotel」
  • ヒヴァ「シャヘレザダ」
  • サマルカンド「ジャホンジル」

基本的にどれも当たりだった。
特にヒヴァは良かったなあ。
あと、何故か知らないけどどこのホテルも朝食がありえないレベルで豪華。
これはお国柄なのだろうか……。

■移動
列車は案外綺麗。
日本に比べてそこまで見劣りするレベルじゃ無し。
しかも列車の時間は正確そのもの。
1~2分しかズレなかったなあ。
日本みたいだった。
なので移動手段には良い気がする。
計算しやすいし。

■その他
国民皆が人懐っこい気がする。
女の子は積極的に話しかけてくるし、子供も無邪気。
大人も客引きはほとんど無いからストレスにならず。
かなりこれは高ポイントかと。
あと以外に清潔だね、全体的に。
もっと汚いのをイメージしてた。

ま、こんな感じですかね。
何度も言いますが、悪くないですよ。
超オススメってわけじゃないですが、普通に良かった、って感じ。
サマルカンド・ブルーやらシルクロードやらにはロマンがありますしね。
興味がわきましたら、是非。

というわけで、これをもってウズベキスタン旅行記は終わりです。
次回はどこですかね。
ヨルダンとか?
あるいは……。
うーん、分からん。
まあどこかの国でお会いしましょう~

ではー!


ウズベキスタン旅行 八日目・九日目

ユウキです。

今日は帰国日。
と言ってもウズベキスタンなんであまり遠いわけでは無いんですけどね。

一日の始まりは朝7時。
ネットが復旧してたので軽くメールチェックをして最後の朝食。
パッキングをし、朝9時半に予約していたタクシーに乗り込みサマルカンド鉄道駅へ。
11時発の鉄道なので1時間ほど駅で待機した後乗り込む。
ファーストクラス(50ドル)にしたかったのだけれど満席だったようで、エコノミークラス(10ドル)へ。
まあでも入ってみたら日本の新幹線、あるいはもう少しだけ広い感じだったので、窮屈には感じず。
ひたすら音楽を聴いてユックリしてました。
タシケントに到着したのは15時。
フライト時間は22時だったので、観光をしようと思ったら出来るのですが、目ぼしいものは無さそうだし、第一ウロウロするのが面倒だったので、もう空港へ向かうことに。
と、その前にタシケント鉄道駅の付近にあるレストランで食事。
食べ納めにとプロフとマンティーを食べました。
正直プロフが脂っぽくて、今まで食べた中で一番美味かった。

お腹が膨れた後はタクシーで空港へ。
相場15000スムらしいんだけど、もうスムは要らないので25000スムを提示。
ドライバー喜んでたな。
タシケント国際空港についたのは確か16時ぐらいだったかな。
フライトは22時なので当然チェックインはまだできず。
しょうがないので空港をウロウロしてたら、二階にカフェがあるのに気づく。
行ってみると、コーヒー一杯たったの5000スム(1ドル)で、Wifiもあった。
ついでにいうと美味しいチョコケーキが10000スム(2ドル)。
これは当たりかな。
他に一階にビジネスラウンジが2つあったみたいいだけど、こちらはプライオリティパスでは行けなかった。
まあ正直2階のカフェで十分かと。
それからひたすらユックリした後、無事出国。
滞在証明書だの所持金だとかなり注意して申告したんですが、全くスルーされました。
なんじゃそりゃ。
でこっから6時間ひたすら飛行機で休みーの、ソウル仁川国際空港に着きーの、ラウンジで休みーの、成田へ向かいーの、ただいま日本、って感じです。
帰国の時間はかかりましたが、まあ最近の旅に比べたら結構楽だった様な?
案外近いんです、ウズベキスタン。

ま、そんな感じでようやっとウズベキスタンから帰国しましたー、よっと!


ウズベキスタン旅行 七日目

ユウキです。

今日は観光最終日。

一日の始まりは……徹夜。
なんだか昨日寝付けなかったので、そのまま起きてました。
本当なら昨日の「シャーヒズィンダ廟群」へ朝一で行く予定が、なんだかもう面倒になったのでそのまま部屋にいました。
9時頃朝食を食べて、まあそれでも部屋に居続けるわけにはいかず。
もう見るものは何も無いですが外へ。
レギスタン広場に行ってお茶をし、メインストリートへ行ってお茶をし。

昼過ぎにもういよいよやること無くなったので、ホテルへ戻って読書。
それから眠くなったので寝ました。
目が覚めたらもう夜22時。
ようやっとネット回線が直ったようなのでネットをして夜を過ごしました。
これにて一日終わり。
最後の日なのになんもせんかったなあ……。

ま、こんな感じかな。
明日はハードスケジュールになりそう。
サマルカンドから3時間かけてタシケントへ向かい、それから空港へ行って7時間待機。
飛行機ではまず7時間かけて仁川へ行き、2時間待機した後成田へ。
まあ言うても19時間ぐらいか。
なんとかなるかな。
好事魔多し。
最後まで頑張るかー

そいだけー!


ウズベキスタン旅行 六日目

ユウキです。

今日も丸々サマルカンド観光。

一日の始まりは……深夜2時。
昨日早く寝ちゃったのでこの時間です。
で朝5時半になるのを待って出発。
目的はレギスタン広場。
そう、昨日の警備員が「明日朝6時に来たら昨日より高いミナレットに登って朝日を見せてやる」というので、それを信じて向かったんです。
レギスタン広場に着くとまだオープン前なので誰もいない状態。
中には数名警備員が。
僕も柵を跨いで会いに行きます。
すると向こうも僕に気づいたので手招き。
何も言う前に「ミナレット?」と言ってきました。
Yesというと、20ドルですって。
お前昨日は10ドル言うたやん。
しょうがないので交渉して13ドルにしてもらいました。
まあこれでも高いんだろうけど、もう行く機会ないからね。
お金を払ってついていくと、シェルドル・メドレセへ導かれます。
そこの入口の横に小さな木のドアがあり、鍵を開けてくれました。
見てみると中は結構暗い。
でも階段は多少しっかりしてる感じ。
警備員に導かれるまま登っていくと屋上にたどり着きます。
屋上はトタン屋根みたいになってて、踏むとベコンベコン音がなりました。
で、てっきりここから朝日を見るもんだと思ったら、屋上には小さなミナレットが立ってて、そこの中を一人で行けとのこと。
しかも懐中電灯まで渡してくるし。
なんつーオーバーなやつだと思いながら扉をあけると、瞬時に理解しました。
ここ、おそらく建設時から手をほとんど入れてないっぽい。
階段はボロボロで所々崩れてるし、そもそも窓もないから真っ暗。
狭いし、勾配は急だし、天井は低いし、買ったばかりのノースフェイスのレインウェアがズリズリと壁に引っかかります。
いやもう本当に大変極まりないんですよ。
こればかりは経験してもらえないと分からない。
で何とか最上部へ進むと光が少しだけ見えてきます。
よっしゃ、ここか!と思って天井の蓋を開けると……。
なんとそこは頭だけ出すような見張り台。
全身が出る作りにそもそもなってない。
まあ頑張って頭と手を出しながら、必死に辺りを見回すと、なるほどこれは凄い。
レギスタン広場を上から眺め、そして勿論朝日もバッチリ。
登るのが本当に大変でしたが、これは本当にスペシャルな体験です。
いやー遥々来てよかった。
良い土産話ができた。

すっかり感動した僕。
屋上まで戻ってトタン屋根をまたベコベコとしながら、下へ。
気分が良かったのでチップを10000スム払って終わり。
一緒に出るとまずいから、お前はそこの無人のムスクをしばらく見学しろというので、誰もいないシェルドル・メドレセを独占してました。
何というかこれもこれで凄い経験なんですけどね……。
満足した僕は一旦ホテルへ。
シャワーを浴びて一息つきました。
それからホテルで朝食。
なかなか豪華なレパートリーを堪能し、イギリスから来たマダムと雑談。
で、10時ぐらいかな。
改めて今日の観光を開始しました。
今日の目的地は「シャーヒズィンダ廟群」と「アフラシャブの丘」、そして「新市街」。
まずはレギスタン広場を通り、タシケント通りを抜け、シヨブ・バザールを過ぎ去り、「シャーヒズィンダ廟群」へ。
入り口でお金を払って中へ入ります。
まあどうせ似たようなモスクがあるだけだろうし、暇つぶし程度にはなってくれよ、と思って入ったのですが……。
なんとここスンバラシイ!
そう、小さな遺跡なんですが、青モザイクタイルの建物が並び立ち、差し色に褐色を使い、もうお見事な景観。
これこそ青の都。
サマルカンド・ブルーではないでしょうか!

本当に小さく、メインロードは50メートルぐらいなんですが、その間を何回も往復してしまいました。
いや逆にコンパクトにギュッと詰まってるからこの方がむしろ良いかもしれない。
ただ残念なのは人混み。
もう結構いい感じの時間なので、ウズベキスタン人のツアーが結構いるんです。
避けつつ写真を撮ってたのですが、イマイチ上手くいかず。
というわけで、ここ、明日のオープンに合わせて来ることにします。
いやもう本当に良かった!
オススメ!
次なる目的地は「アフラシャブの丘」。
ここは今は何もない丘ですが、昔のサマルカンドがあった場所です。
シャーヒズィンダから歩いて向かったのですが……遠い。
そう、歩けども歩けどもつかない。
しかもなんかお腹も痛いし。
結局、まあ単なる丘だよな、ということで諦め。
途中で引き返しました。
それから今度は新市街へ。
の前に、お金がなくなったのでバザールの闇両替屋でお金をゲット。
これで何とか最終日まで持ちそうです。
後はひたすらウォーキング。
といってもまあ3,4キロですけどね。
途中お腹がやばかったので公衆トイレへ。
思っていたよりかは清潔だったので助かりました。
で、新市街へ到着。
と言ってもそこまでしっかりした感じじゃないかな。
道は舗装されてるし緑も豊かなんだけど、まあサマルカンドの店レベルって感じ。
途中カフェでもあったらコーヒーでも飲みたかったんですが、あいにくそんなものは見当たらず。
新市街を往復して、最後はバスに乗って帰路へ。
なおバスはレギスタン広場へは無料の模様。
気前が良いね。
レギスタン広場に着いたら、ホテルに行く途中、床屋へ。
熱心な読者なら(そんなんいねーか)ご存知ですが、僕世界各地の床屋や美容院で髪洗ってもらうの大好き。
さて、ウズベキスタンのレベルはいかがなもんか、と思って早速入る。
洗髪だけなら5000スム(1ドル)ですって。
過去全ての最安値を更新しましたね。
確かネパールかどこかが180円だった記憶があるんですけど、流石に1ドルは初めて。
どれどれと思って身を任せたら、しっかりお湯で二度洗いしてくれて、ドライヤーまでかけてくれてスッキリ。
悪くありませんな。
写真撮ってお礼言ってチップ渡して出ました。

後はちょっと小腹が空いたので、サモサ屋でサモサ買って2000スム(40円)、シャシリク屋でシャシリク食べて、お腹いっぱい。

昼の2時頃ホテルへ着いて休憩となりました。
ホテルでは何故かインターネットが使えず。
たまにあるアクシデントだとか。
まあ一年に一回位はこういう日もありですな。
日本に帰れば常に追われるようにされるので、むしろウズベキスタンにいる時ぐらいは。
そんなわけでひたすら読書。
持ってきた本を消化しました。
あとはホテルのボーイと雑談。
民芸品等について盛り上がりました。
で少し眠くなってきたのでうたた寝。
次に起きたのは夜8時頃。
どうしようかと思ったんですが、小腹が空いたので外へ。
レギスタン広場のライトアップを見学しました。

その後は近くのレストランでサンドイッチとフレンチフライを食べました。
このフレンチフライというやつだけは、世界中どこで食べても安心の味ですな。
多分、ケニアとかタンザニアとかで食べても同じな気がする。
それからホテルへ。
相も変わらずインターネットがつながらないので、読書。
それから部屋へ戻って早めに一日を終えました、とさ。

明日はウズベキスタン観光最終日。
といってももう見るものほとんど無いですけどね。
キャッシュも無いから出来ることも限られてくるし。
なので朝一で「シャーヒズィンダ廟群」へ行った後は、どこかのカフェ(あるならば)でユックリしようと思います。
無理しないでゆっくりですな。

ま、そいだけー!


ウズベキスタン旅行 五日目

ユ、ウ、キ、でーす。

今日はサマルカンド観光初日。
果たしていかがだったでしょう!

一日の始まりは朝9時。
昨日からほとんど寝てないから眠くて眠くて仕方なかったのですが、まあ寝るのは日本に帰ってからでも出来るということで、頑張って外に出ました。
まず向かった先は、この旅の最大の見所レギスタン広場。
ここ、ここ、ここに来たかったからウズベキスタンを選んだと言っても過言ではない感じ。
ホテルから歩いて5分ほどかな、到着。
バーン!

どうです?見事なものでしょう。
青の都、サマルカンド・ブルーと呼ばれる所以です。
チケットを買ってとりあえず写真をパシャリパシャリ。
一人ではしゃぐ僕。
と、そんな感じで盛り上がってると何やら至る所から視線が。
振り返ってみると若い女の子が近づいてきます。
そう、ここでも民族衣装パワーが炸裂。
気づけば女の子達が僕と写真を取るために列を並んでる状態。
もうなんだろうか、これは。
まあ勿論僕も全部付き合ったんだけど、この写真攻勢はこれからもずっと続き、モスクに入ったら男の子からせがまれ、疲れて椅子に座ってたら隣に座られ写真を求められ、ポーズを撮ってたら女子大生に囲まれ、もう何十人と撮ったことやら。
何というか、日本に来た外国人が「まるでスターになった気分だ」というのが分かる感じがします。
もう常に皆見てくるんですよ。
すれ違いざまにパシャリ、飯食ってたらパシャリ。
流石に人の目があるので疲れてきたユウキでした。
ま、そんなんでも観光は続きます。
レギスタン広場をたっぷり堪能した後は、今度は近くにあるウズベキスタン最大のバザール「シヨブ・バザール」へ。
道もシンプルなのでエッチラオッチラ向かいます。
すると今度はまたしても女の子に話しかけられ。
なんだ?写真か?と思ったら、もし良かったら一緒に歩いて観光しないか?とのこと。
正直何が目的か分からなかったので断ろうかと思ったんですが、まあ取られても10ドル20ドルぐらいで済むだろうと思って付き合うことに。
で、この子と一緒にバザールを見学。
ナンといえば世界一有名と名高いサマルカンドナンを食べ、ドライフルーツや甘いものを試食し、野菜を見る。
まあ面白いんだけど、あんまり新鮮味は無いね。
ヒヴァで見たばかりだし。

そんなわけで適度に楽しんだところで、この女の子とはサヨナラ。
特に金銭を求められたわけじゃないし、一体何が目的だったんだろうか。
未だもって謎だ……。
さて、一人になったところで、また遺跡巡り。
バザールの近くのビビニハム・モスクへ。
こちらもこちらで中は見事……なんだけど、ぶっちゃけもう飽きてきた。
身も蓋もない事を言ってしまうと、これ系ってトルコだのモロッコだの似たようなの見てるんですよね。
まあ勿論違う所はあるけれど、もう何を見ても「あーなんか見たような記憶が……」となります。
しかも今日、日曜日だから人が多くて多くて……。
結局、写真ばっか求められて、それに応じるのでくたびれ果て、まだ正午ぐらいなのにホテルへ戻ることに。
途中ランチに変なウズベキスタンパスタを食べ(不味かった)、スーパーで水買って、部屋で一息つきました。

次に起きたのは夕方5時。
もうなんかだれてきたのでホテルで寝てようかなと思ったんですが、まあもうしゃーない外に出るか、と。
向かった先は勿論レギスタン広場。
というかここ以外は明日行く予定だし、近場でめぼしい所はここしかないのです!
そんなわけでもう目に焼き付きまくった光景をまた見ることに。
地面にひたすら座ってぼんやり。
写真をせがまれたら一緒に写ってやって、それからまた場所移動してぼんやり。
それの繰り返し。
で、流石にもう飽きてきたんで帰ろうかな~と思ったんですが、まさにその時!
「ヘイ、ミスター!」と僕を呼んでる声が。
また写真かと思ったら、警備員がモスクの端っこで椅子に座って僕を呼んでる。
流石に警備員を無視するわけにはいかんので近づく。
椅子に座れっつーから座ったら、何やらチケットをチェックするとのこと。
まあ当然もってるんだけどね。
で適当に雑談してたら、急に警備員が真剣な顔になって一言。
「おい、シークレットビジネスあるんだけどどうだ?」ですって。
何やら、5ドルくれたらレギスタン広場の一番メインであるティラカリ・メドレセのミナレットに登らせてくれるとのこと。
ほんまかいな、お前何か僕を狙ってるんじゃないだろうな。
そう思ったんですが、まあ流石に警備員が殺人はしないだろうと思って話を聞く。
警備員がティラカリ・メドレセの方に手を振ると、ティラカリ・メドレセの入り口にいる警備員も手を降って答える。
つまり今話がついたからあそこいけ。そしたら秘密の扉を開けてやるから。らしい。
まあもう正直失うもん無いですからな。
取られて困るものっつったらパスポートとレギストレーションカードぐらいだし。
ある意味無敵の人状態の僕。
半信半疑でティラカリ・メドレセの警備員に行くと、何やらウインクしてミナレットまで誘導してきます。
で、ドキドキしてたら裏の扉の鍵を開けてくれる。
急いで入れですって。
まあ入ったところで襲われるかもしれないな、と思ったんですが、まあもういいやと思って入る。
すると中はよくあるミナレットの作り。
で警備員が後から入ってくる気配も無し。
お、もうこりゃいいや、と思って開き直って登っていくと……。
うはー、こりゃまじ凄いわ。
そう、普通の人は登れないから誰もいない場所を独占。
普段見れない屋上の作りとか何とかまで全部見れる。
最上階には記念の落書きが至る所にあったし(書きたかったけど勿論我慢)。

つかあの警備員、真面目だったんだな……。
そんなこんなでこの絶景をしばらく堪能。
下からは沢山の人が僕を指差してました。
多分「おい、あんな所に人がいるぞ!」って事だろうけど。
すっかり満足した僕。
地上に戻ると警備員のところへ。
すると警備室に入るよう言われます。
あれ、何かやばい?と思ったんですが、なんてことはないお金の受け渡しを見られたくないだけだった模様。
しかも帰り際「明日の朝6時に来い。もっと大きなミナレットに登らせてやる。そしたらそこから朝日が見える。最高のロケーションだぞ。ファンタスティックな体験だからな!」ですって。
こりゃもう明日も頑張るしかないね。
いやー、まじで思い出になりましたわ。
有名な構図の世界遺産に登っただなんて!
あっはっはー!

すっかり満足した僕。
帰り際に旧市街をブラブラ。
ボロボロの道なき道(言い過ぎ)をグルグル回ってたら当然迷子になったんですが、別に危険なエリアじゃないので適当にうろつく。
至る所で現地の子供達が遊んでました。
で、30分ほど回ったところでホテルへ。
小腹が空いてたのでシャシリク専門店で早めの夕食。
ラムを2本(2種類)、ビーフを1本、サマルカンドナンにコーラがついて4ドル。
こりゃ美味いし安いわ。
しかもラムの片方、真っ白い脂身の串焼き、もう完全に脂だったんですが、こういうの大好き僕にはピッタリでした。
ウマウマ。
ま、そんなこんなでお腹も満たされたので、ようやくホテルに戻り、夜7時半。
シャワーを浴びて一日を終えました、とさ。

明日も一日サマルカンド観光。
朝は朝日を見て(にひひ)、平日だから人がいない間に早めに観光しますかね。
なお、明後日も丸々サマルカンド観光があります。
というか今日で6割ぐらい見ちゃったから、最後はもう暇そうだけどね。

まあいいや。
そいだけー!


ウズベキスタン旅行 四日目

ユウキです……。

今日は一日移動日。
しかし大変な目に遭いました……。

一日の始まりは……忘れた。
まあ朝食食べて12時チェックアウトギリギリまでネットして休んでました。
チェックアウトした後は13時に迎えのタクシーがきたので、それに乗ってウルゲンチ鉄道駅へ。
そう、今日はなんと夜行列車でヒヴァからサマルカンドへ行くのです。
夜行列車、どうです?ワクワクしませんか?
僕大好きなんですよね。
スペインやエジプト、トルコやインドと、機会があったらいつも乗るようにしてます。
で、鉄道についたらとりあえずサモサを口に入れて、夜食用にクッキーをゲット。
14時半頃列車が到着したので乗り込みます。
今回抑えたのはVIP class。
あまり期待しないでいったら……まあまあ良かった!
こんな感じ。

僕とあともう一人(英語話せないおっさん)が一部屋を分け合う感じかな。
でもちょっと狭い感じがする。
もう少しなー空間的に広けりゃ文句無しなんだが。
まあぶつくさ言っても広くなるわけじゃないので(当たり前)、仕方なく腰を落とす。
で、この時点で眠かったので、列車が動き出す前に寝ました。
目が覚めたのは20時。
辺りがすっかり暗くなってました。
ちなみに一瞬だけ昼間に目が覚めた時、外は全体砂漠でした。
で目が覚めてちょっと腹が減ったなと思ったんですが、一向に売り子が来ない。
駅に止まったらてっきり来るんだと思ってたので当てが外れました。
さてんじゃ飯はどうしようかと思って、相部屋のおっさんに聞くも、おっさん英語がさっぱり分からず。
しょうがないので何とかジェスチャーで伝えた所、なんと4つ先の車両が食堂車の模様。
ほんまかいな、おっちゃん僕の言いたいこと分かってるんけ。
と思ったんですが、一応信じて行ってみると……食堂車あったー!
まあ食堂車といってもそんな豪華なもんじゃないですが、何とか飯は食べれそう。
早速メニューを貰おうとしたところ、ウェイターもコックも英語がさっぱり分からないー!
もうね、しょうがないからここでもジェスチャーゲームですよ。
腹減ってる、何かくれ。プロフ無いか?プロフ、プロフ!
みたいな感じ。
そしたら何とか通じたのかプロフを持ってきてくれました。
あー言葉が通じないのは疲れる……。
お腹が膨れたところで部屋へ。
と言ってもサマルカンドは深夜2時45分到着なので、もう寝れないんですけどね。
しょうがないので後はひたすらひたすら音楽聴いてました。
もうね、おっちゃんが部屋の電気消したから情緒も無いし、外も真っ暗、ベッドは狭い、そしてちょっと寒い、と、僕が想像していた楽しい移動とは全然かけ離れてる感じ。
もうちょっとなー女の子と英語でやり取りしながら、ワイワイ行きたかったんだけど……。
まあもうしょうがないので何とか我慢。
で、気力体力時の運がすり減ってきたところでようやっとサマルカンド到着。
ふいー。
で、後はこの深夜でどうやってタクシーを捕まえて、糞面倒な交渉をするかと思ったら、なんと「ユウキ」と書いた看板持ってる人がいた。
どうやらホテルの迎えみたい。
いやー嬉しかったなあ。
何とか迎えからホテルへ到着。
チェックインして、シャワーを浴びて、一日がこれにて終了、です。

いやまあ、くたびれ果てましたが、何とか到着ですわ。
青の都サマルカンド。
待ちに待った感じです。
とりあえず4泊もするので、明日は休み休みしながら回ろうと思います。
どうせ一日あれば見れちゃいますしね。
ま、こんな感じですわ。
旅の目的地、楽しんでいきますー

そいではー!


ウズベキスタン旅行 三日目

ユウキです。

今日は丸々ヒヴァ観光。
長い長い一日でした。

一日の始まりは……なんと深夜1時。
そう、昨日眠くて眠くて仕方なかったので早めに寝たら、目が覚めたのがこの時間。
まあこんな時間に起きてもやること無いのでひたすらネットしてました。
そして朝7時、ようやく明るくなった頃、誰もいない街を散策開始。
メイン通りを歩き、神殿前を通り、裏路地で迷い、要所要所では写真を撮り、ひたすらブラブラ。
朝早く出たのが功を奏したようで、澄み切った空気の中、誰もいない街を練り歩きました。
気持ち良い!

あー、で、ちょっと厄介な事がありまして。
実はヒヴァなんですが、ちょっと寒いんです……。
事前に下調べしたら日本とあまり変わらないか、ちょっと暖かいって書いてたので、薄着しかもってきてないんですよね。
でもなんだか13度らしくて……。
結構凍え気味な僕。
そこで、仕方なく……というかもともと非常に興味があったので、この機会に民族衣装を買うことに。
まだお店もほとんど空いて無いのに見て回りました。
幾つか良さそうなのがあったので値段を聞いてみると20ドルとのこと。
結構厚めだし、まじで買っちゃおうかな。
そんなことを考えながら、とりあえず一旦ホテルへ。
小腹が空いてたので、朝食を食べることにしました。
まあ朝食ったって、何が来るのかわからなかったけれど、最悪パンと目玉焼きでもありゃいいかなと思ってたんですが……。

じゃ~ん!見てください、この豪華な食事。
パンは2種類あって、トッピングはバターだけじゃなく、練乳、ヨーグルト、蜂蜜、ジャムと盛りだくさん。
おかずにはハムとチーズ。
甘いクッキーは3種類。
フルーツは山盛りで、飲み物にはコーヒー以外にジュースと水まで。
世界を回ること約60カ国は行ってますが、このレベルのホテルでこんな豪華な食事が出るのは初めて。
まじで当たりだなあ。
すっかりお腹が膨れた僕。
ホテルにいてもしょうがないので、再び外へ。
ブラブラしながら向かった先は、ミナレット(塔)。
何やらイチャン・カラで一番高いらしく、景色が良いみたい。
受付にお金払って(6000スム・200円)登ります。
んが、これがもう大変大変。
階段100段以上あるって時点でキツイのに、中は真っ暗、段差はバラバラ、階段は狭くてボロボロ。
もう途中で諦めて帰ろうかと思いましたよ。
まあそいでもなんとか登りきり、頂上の景色を拝見。

まあ、悪くありませんな。
こういう砂岩の街、そもそも大好きだし。
ミナレットを見た後はまたしてもブラブラ。
つかこの街、端から端まで歩いても5分10分だから、もう見どころ大半見ちゃったんですけどね。
それでも適当に歩いてたらイチャン・カラ外にバザールを発見。
まあバザールなんて世界中で見まくってるんですが、とりあえず物色。
パン屋やら蜂蜜屋やら果物屋やら何やらが沢山並んでました。
途中甘いお菓子と、ドライフルーツをゲット。
15円とか30円とか払って少しだけもらいました。

甘いものを食べた後、次に僕が行ったのは……ずばり民族衣装屋。
僕さー「乙嫁語り」っていう漫画を読んで以来、ずっと中央アジアの民族衣装に憧れてたんですよね。
しかも今寒いから、もうここで満を持して買っちゃうぞ、と思い立ったわけですよ。
で、どうせ買うならあれだな、普通のシンプルのじゃつまらないから、コテコテのやつを買うぞ、という事で、僕が選んだのがこれ。

もうどうですか、この模様。
見て分かる通り、これ、おそらくフォーマル用。
およそおそらく街中を気軽に着るものじゃ無し。
というか誰もこれ着てるの見たことがない。
そんなわけで、ただでさえ一人浮いてるジャポネが、この冠婚葬祭用の服を着て歩くとどうなるか……。
それはもう僕はハリウッドスターじゃないかと錯覚するほど、皆から話しかけられます(笑
通り過ぎる人は皆こっち見てニヤニヤするし、こちらが手を振ってみるもんなら、もう大騒ぎ。
子どもたちは触ってくるし、おっさん達も大爆笑。
チャイハネ(カフェ)でお茶してたら皆ささっと近づいて勝手に写真撮ってどっか行くし、神殿見てたら女子大生軍団に囲まれて一人ひとり列を作って一緒に写真撮らされるし、遺跡の屋上では女子高生みたいな女の子に何度も何度も写真を一緒にせがまれました。
もうね、マジで凄いわ、民族衣装効果。
圧倒的にアイスブレイクになるね。
だってどんなやつでも僕の事見て笑ってくもん。
これから帰国の日までずっとこれ着よう。
どれだけ良い出会いがあることか……。
ま、大注目を受けながらも、遺跡を見て回り、別のミナレットに登り、チャイハネでお茶をしました。
あ、ちなみにランチも当然とったんだけど、プロフとシャシリク(串焼き)を食べました。
プロフは3回目ということで、ようやく味が完全に分かった感じ。
なんというか、不味くはないけど、想像していたよりは美味しくないかな。
店によって味にバラつきがあるのだろうと思ってたけど、そんなこたなく、どれも味一緒。
もう少し脂っこかったらいいのになあ……。
あ、シャシリクは当然美味い。
肉焼いてるだけなんだからどうやったって美味いよね。
添え物のオニオンも相性良いし。
ま、そんな感じで楽しみながら、ちょっと疲れたらホテルで休み、また少ししたら外に出てブラブラを繰り返しました。
それから夕方前になると、少し眠くなったのでベッドへ。
ネットしながらマッタリしてるといつの間にやら意識を失って……。
次に目が覚めたのは夜8時。
ホテルでコーヒーを貰ってクッキーと一緒にコーヒータイム。
結構落ち着いちゃったのでこのままもう寝ようかとも思ったんですが、まあヒヴァ最後の夜、もう一生ここには来ないということで夜の街を散策することに。
一応ホテルの人に聞いたら、イチャン・カラ内は安全極まりないとのこと。
なので頑張って出歩きます。
ホテルから大通りに入ると、そこはまた昼とは別の顔。
薄暗い道では所々人が集まってお茶していて、昼にはなかった屋台までありました。
僕も街をブラブラして神殿とかを覗いた後、その人達の近くに腰を落とす事に。
ゆっくり座って改めて街を眺めると、これはなかなか乙な物。
ミナレットが仄かにライトアップされ、頭上には綺麗な星々が。
これは目に焼き付けておきたい光景ですなあ。
遠目に映る昔奴隷市場があった東門も見事。
僕も遠い昔に思いを馳せ、奴隷のことを思いながらゆっくりしました。
最後はチャイハネでシャシリクを注文。
ビーフが10000スム(200円)だったので、それとお水を頼む。
夜の街を眺めながら食しました。
すっかりお腹が膨れた僕は、ホテルへ戻り、今度こそ一日の終了。
明日に備えてシャワー浴びて休みました、とさ。

ま、こんな感じかな。
今日はヒヴァ観光を十分堪能しました。
狭い街だしもう心残りはありません。
明日はまた移動日。
今度はいよいよ旅の目的地、青の都サマルカンドへ向かいます。
なお、ちょっと諸事情により更新は遅くなる模様。
どうしてかは今はまだ内緒。
ふふふ。
まあ48時間以内には更新頑張るので、そのつもりで。

そいではー!


ウズベキスタン旅行 二日目

ユウキです。

今日はタシケントからヒヴァへ移動します。

一日の始まりは……なんと徹夜。
そうなんです、昨日23時に寝て朝4時に起きる計画だったんですが、何故か眠れず。
結局ホテルのロビーに行って、受付の若い兄ちゃんと夜通しクッチャベッてました。
と言うか途中からロシアン美女が入ってきたんですが、やっぱロシアンは綺麗ですなあ。
ブロンドヘアー、青い瞳、白い肌。
お近づきになりたいわん。
ま、そんなわけで眠さでウツラウツラしながら朝5時に空港へ。
適当にチェックを受けて7時15分の便でタシケントからウルゲンチ(ヒヴァ)へ向かいました。
フライト時間は2時間弱だったかな。
正直寝てたので覚えてません。
で到着したらヒヴァへ行くためタクシーと交渉。
ネットだと5ドルぐらいで行けるって書いてたんですが、何故か交渉がそこまでいかず。
面倒なので8ドルでお願いしました。
揺られること数十分、ヒヴァへ到着。
まずはホテルにチェックイン。
今回泊まるのは城壁内イチャン・カラにあるシャフリゾーダというホテル。
外観は至って普通。
だけど中は伝統的な作りで良さげ。
部屋は広く、ベッドが2つに、風呂にはバスタブまでついてる優れもの。
さらにWifiも部屋で無料で使えてシグナルも強し。
ただスタッフは皆英語が話せないのがちょっと辛いかな。
それでもウェルカムドリンクを出してくれたり、お茶菓子を用意してくれたりと、対応はとても親切。
これは当たりかな。
部屋で少しだけ休み荷物を置くと、眠さをこらえて外に出ます。
この時点で朝の10時頃だったかな。
旧市街を散策すると、雰囲気はまあ悪くなし。
どこまでも続く砂岩の建物は、異国情緒たっぷり。

で、まず最初にやったことは……飯。
そうなんです、もうペコペコで倒れる寸前。
というわけで記念すべきウズベキスタン一食目を取ることにしました。
そこいらへんのチャイハネ(休憩所)に入って僕が頼んだのは、ウズベキスタン料理の名物料理プロフ!

プロフとは、人参と肉を一緒にいれて作った炊き込みご飯。
これにあともう一つウズベキスタン料理として有名なマンティーというヨーグルトがかかった小籠包みたいなのを頼みました。
気になるお味はと言うと、正直悪くなし。
プロフは思ってたよりは脂っぽくはなかったけど、これはこれでいける。
マンティーも肉の味がして美味しかったし。
んが、お会計見たら、800円もした。
ウズベキスタンの相場で一つ400円はないよな。
完全にぼられてる気がする……。

ま、まあすっかりお腹が満ちた僕。
眠い中もう少しだけ頑張って街を散策します。
西へ行ったり、東の奴隷門見たり。
なかなか見ない景色は確かに面白く。
が、残念ながら、眠くて眠くてあまり集中できず。
なんというか常に頭のなかに靄がかかった状態。
仕方ないので、一旦ホテルへ戻ることに。
まあ、明日も丸々ヒヴァにいますからいつでも観光できますしね。
で、帰路の途中、ふと東門を覗くと、何やらバザールが。
どれどれと見てみるとシャシリクが売ってました。
まあ早い話、肉の串焼きですな。

一枚写真を撮らせてもらったんだけど、美味そうなので1本注文。
60円。
どうやって食べるのかなと思ったら、パンに挟んでくれました。
中には玉ねぎまで入ってて、結構美味かった。
で、腹も膨れたところで、ホテルへ。
まだ11時ではありますが、ようやっと眠りにつけました。

目が覚めたのは18時。
まだウツラウツラしてたのですがボケボケしてても勿体無いと思い立って外へ。
この時間でもまだ明るくて、そしてツアー客もいなくなってるのもあり観光にはうってつけ。
よしきたとばかりに街を歩いてたら、なんと雨が降ってきた。
念のためレインウェアを着込んでたのですが、寒くなってもきたのですぐホテルへ戻る。
でスタッフの人がコーヒーとお茶菓子を沢山くれたので一息つく。
しばらく休んだ後外に出ると、雨がやんでた。
よっしゃっしゃと思って街ブラ再開。
と言ってもイチャン・カラ自体小さくて、西から東へ歩いても5分もかからない感じ。
こりゃ明日一日あると全部見れちゃうね。
写真を撮りながら歩きつつ、ちょっと小腹が空いたので(またか)、二食目をとることに。
適当なレストランに入り、今回頼んだのはシュヴィト・オシュという有名な料理。
香草を練り込んだ麺に具が乗って、ヨーグルトソースがかかってます。

これに、マンティーみたいなやつを追加。
卵の味がして柔らかい水餃子でソースはまたしてもヨーグルトソース。
なんというかこの国はヨーグルトが多い気がする。
なぜだろう。
まあ味は結構美味い。
とりあえず外れではないな。
夜食用にプロフをお持ち帰りにし、さらに水のボトルを2本追加。
これで〆て50000スム。
日本円だと幾らかな1000円~1500円ぐらい?
そりゃ高くはないけど、相場からしたら高い?
まあイチャン・カラ自体観光地だからしょうがないね。
庶民の味を食べてみたいから、明日はイチャン・カラの外に出てみよう。
お腹が膨れた後は、ちょっと外を歩く。
もう観光客はおろか現地民すらいないけど、逆に凄く雰囲気がある。
誰もいない砂岩の街、ゲームの中みたいだった。
でちょっと彷徨いながらホテルへ。
ゆっくりしながら今日一日を終えたのでした。

ま、こんな感じかな。
明日は一日イチャン・カラ観光。
観光客のこない朝からめぐろうか、あるいはユックリ寝て昼からめぐろうか。
まあ起きた時間に合わせるか。

んじゃま、そいだけー!


ウズベキスタン旅行 一日目

ユウキでーす。

今日から始まる旅行記は、なんと人生初の中央アジア、ウズベキスタンです!
ウズベキスタンと言ってもほとんどの人には馴染みないかもしれませんね。
まあなんというかシルクロードをイメージしてもらえれば、それっぽいです。
月の~砂漠を~はる~ばると~ってやつですな。
で、今回の目的はズバリ青の都と謳われる「サマルカンド」。
歴史の偉人が皆褒めたと言われるサマルカンド・ブルーを見に行ってくるんです。
旅程的にはタシケント~ヒヴァ~サマルカンドで、6泊8日の予定。
今回は要所要所は全て手配済みなので大きな変更はありません。
ま、そんなわけなんで、楽しんでいきましょー!

一日の始まりは朝7時。
エッチラオッチラパッキングして、成田空港へ。
12時フライトで今回はソウル仁川国際空港でトランジット。
朝食にマックを食べて、成田のラウンジではおにぎりとパンを食べる。
でソウル行きでは弁当が出て、お腹いっぱいになりながらあっという間にソウル到着。
それから大好きプライオリティ・パスでアシアナラウンジ入って、止めときゃいいのに後々の事を考えてチャーハンと肉を無理して詰め込む。
ついでに水のボトルを補充。
それから1時間ちょっと待機してすぐにウズベキスタン・タシケント行きに乗り込み。
こちら座席指定の時はガラガラだったので、お得意のエコノミーフラットでも発動しようかと思ったんですが、何故か激混みでした。
やれやれですな。
でまあウツラウツラしながら休んでると、またしても飯。
今日もう5回目ですよ……。
食べなきゃいいのに無理して食べて気持ち悪くなりながらマッタリ。
映画で「ララランド」がやってたから観ようと思ったら、日本語なかったのが残念……。
ま、そんなこんなで7時間ほどで到着(最後に今日6回目の飯、ピザが出た)。
あっという間でした。

ウズベキスタンの最初の印象は……ちょっと暑い。
レインウェアを着込んでたんですが、もしかしたらいらないかな?
で入国しようと思ったら、何故か知らないけど手続きするところが長蛇の列。
30分ぐらい揉まれながらなんとか通過。
で外に出て、面倒臭いタクシーと交渉して、今夜の宿「シティー・ライン・ブティック・ホテル」へ。
ここ、空港から近いので選んだんですが、結構当たりかも。
レセプションは優しいし、部屋はキレイだし、ネットは強いし。
ま、でも今、21時で、明日の早朝5時には出るんだけどね(ヒヴァに飛行機で行くの!)。
この後はちょっとだけチケットの受取をして(何のチケットかはまだ内緒)、寝る予定。
明日一日長いからね。

ま、こんな感じで旅が始まりました。
今回も楽しんで、新しい世界を取り込んできます。

よろしくどうぞー!


インド旅行 総括

ユウキでーす。

いやー、遂に達成しましたよ、インド旅行!
長年思い描いていた聖地巡礼ですわ。
見たいところは一通り見れましたし、懸念していた下痢や発熱など体調不良にも一切ならなかったので良かったです。
で、ま、この度の旅行を一言で表すと……「不思議」です。
おまえなんじゃそりゃ、と思われるかもしれませんが、今回17日間行きましたが、結局インドという国が良く分からなかったんです。
これは日記にも都度書いてましたが、僕、インドに来る前にインドの悪評を聞きまくってたせいで、現地でも緊張、警戒しまくり。
「人に会ったら詐欺師と思え」精神で旅してきました。
んが、やっぱそういう心構えだと行く先々で非難を浴びるんです。
「なんで無視すんだよ!」とか、「なんで俺の出したチャイ飲まないの?」とか。
極めつけだったのが、ヴァラナシで出会ったボート屋の糞ガキと説教外人。
糞ガキには「あっち行ってくれ」と言ったら、「おまえ、インドに来てインド人嫌うってどういうこと?何のために来たの?あっち行けって俺はどこにも行かないよ。だってここ俺の国だからな」と言われ、外人には「なんでそんな赤ん坊みたいに震えてるんだよ。ここは安全だよ。君の知ってるシステムと違うシステムってだけ。君がそういう態度をとるからダメなんだよ。リラックスしろよ」と言われる始末。
正直これ随分頭に残ってるんですよね。
確かになあ、こんな姿勢じゃダメだよな。
とまあそれからずっと思ってたんですが、最後まで緊張が取れず。
結局街の散策もあまりしないまま帰国となったわけです。
もう少しなー、住民と触れて、仮にハプニングがあったとしてもそれを受け入れて旅したら違ったものになったのかもな、とまあ思いました。
あ、総合評価的には「まず良し」としておきます。
一度は行った方がいいよ、二回目三回目は肌が合ったらね、って感じです。
そいでは個別に振り返ってみましょう。

■デリー(アーグラー)
この糞ったれた街、正直文字通り糞投げられた思い出が強烈過ぎて、それから出歩く気が起きませんでした。
街中歩いても対して見どころないし、コンノートプレイスにしてもつまらなかったですからな。
デリー観光は一日あったら事足りると思います。
タージ・マハル見にアーグラー行くにせよ、日帰りで十分です。
朝6時の列車に乗って、14時にはもう全て見終わって暇してましたからな。
8時に着くので早朝のタージ・マハルも見れますし、泊まる必要は無いです。
ホテルはBloomroomsというホテルにしたんですが、これ最高でした。
まるで北欧のお洒落なホテルのような感じで、清潔だし、設備整ってるし言うことありません。
併設されたカフェも安くて洋食が美味いし、もう大満足です。
まじでフィンランドとかスウェーデンとかにいる気がしました。
ニューデリーのメインストリートに泊まる必要はあんま無いと思います。

■ヴァラナシ
ガンジス河を見に行きましたが、正直4泊もする必要はなかったです。
人生について考えようと思って長めに取りましたが、正直暇でした。
ホテルはやはりベンガリートラと呼ばれるメインストリートの付近で泊まった方が良いかもしれません。
ユウキのホテルは少し離れた位置にあったので、ガンジス河見るのも一手間ありますし、飯食べに外行こうって気があまりしませんでした。

■アウランガバード
エローラとアジャンターの街。
こちら調整日の為に5泊しましたが、もう暇で暇で。
エローラ、アジャンターは一日で見ることも出来そうなので、ぶっちゃけ2泊ぐらいで良いかもしれません。
ユウキは空港から近くバスターミナルから遠い場所にしたので周りに娯楽がなくて暇でした。
こちらもバスターミナルの近くに泊まったほうが良さそうです。

■ムンバイ
五つ星ホテルに篭ってたので、外のことは何も分かりません。
泊まったのはThe orchidというホテルなんですがここはオススメ。
諸々込みで2泊で3万円位。
洋食も安くて食べれるし、プールも素敵なのでリフレッシュするには最高ですよ。

■交通
これはもう飛行機一択ですわ。
僕今回4都市を回ったんですが、最初全部夜行列車とかバスにする予定だったんです。
でもネット見る限り、遅延も多いし、衛生面も問題あるし、トラブルばかりだったので、デリーからヴァラナシへ行く時だけ夜行列車に乗って、後は全部飛行機にしたんです。
結果的にこれが正解。
夜行列車はチケット取るのが面倒だし(自力でやったからか)、とにかく遅延もするし、深夜発だと慣れないインドのホームで待つのも大変、車両探すのも一苦労。
何とか中に入っても、到着時間とか調べないといけないし、とにかく大変でした。
まあ話のネタに一度ぐらいは良いですが、後は飛行機を絶対オススメします。

■飯
もう基本全てカレーだと思っていいです。
チキン頼もうがフライドライス頼もうがポテト頼もうがカレー味。
まあ味は美味しいんですよ。
バターチキンカレー頼んでもほうれん草とチーズのカレー頼んでもチキンカレー頼んでも美味い。
日本で食べるインドカレーそのもの。
チャパティやナンもありますしね。
ん、が、さすがに17日間ずっとカレーは飽きます。
もう見るのも嫌なぐらいに飽きる。
そういう時のためにカフェに洋食があるのでそこら辺見つけて確保しておくと良いかも。
意外にインドの洋食、いけてます。
ちなみにマサラティー(チャイ)はベリーグッド。
一杯20円ぐらいでどこでも飲めるし、もう疲れが取れて美味しいこと美味しいこと。
やみつきになりそうです。

■衛生面
僕は特に気になりませんでした。
前回のネパールが強烈過ぎて、ネパールに比べると、道は舗装されてるし、クラクションは五月蝿くないし、トイレも清潔だし、痰もそこまで吐かないし、さすが大国、と思いました。
初日に下痢止め買いましたが一度も使わず。
ティッシュも大量に持って行ったのですが、何もなかったです。

■人々
正直これが意外や意外。
あんまりしつこい客引きはいませんでした。
少なくともエジプトのような鬱陶しさではないかな。
ちょっと無視したらすぐどっかに消えてくし、嫌がらせも無く、皆ニコニコ。
僕がもう少し打ち解ける姿勢を見せてたならもっと良かったのかも?
逆にトラブルに遭ってた可能性もありますが。

■見どころ
うーん、どうなんですかね。
エローラは結構良かったので見る価値あります。
タージ・マハルは別にそこまで……って感じではありますが定番ものなのでインドまで来たんなら見ない手はないはず。
他はジャイプルとかカジュラホは面倒なので省略したので分からず。
まあ観光メインの旅じゃないですからな。

ってこんなとこでしょうか。
まあ何度も言いますが、ちょっと色々考えさせられる旅でした。
それでも旅ライフの集大成として挑んだインド旅行。
無事終わったのでちょっとホッとしてたりします。
これで真のバックパッカーになりましたな。
ふふふ。

ま、そゆわけですわ。
次の旅行先は未定。
あと人生で行きたいのはヨルダンだけなのでヨルダンになる可能性が高いです。
あるいは中央アジア(トルクメニスタン・キルギスタン・ウズベキスタン)とか?
はたまたモンゴルで馬乗ったり、ブルガリアのソフィアへ行ったり?
まあ風の向くまま気の向くままってやつですわ。
楽しみにしておいてください。
僕自身も楽しみなので。

そいでは17日間お付き合いいただきありがとうございました。
また次の旅行記で会いましょうー!


インド旅行 十六日目・十七日目

ユウキです。

今日は日本への帰国日です。

一日の始まりは、朝8時。
昨日寝たのが早かったのでこの時間に起きれました。
それから豪華な朝食バッフェを食べて、プールで一休みした後パッキング。
12時半にホテルをチェックアウトしました。
それから18時までホテルのラウンジで待機。
空港へ向かいました。
帰路の旅程ですが、ムンバイから一度デリーへ飛びます。
それから成田へ。
なので国内線空港に行くんだと思ってたら、なんとAirIndiaは国際線空港だとか。
慌ててタクシーに乗って出発。
まあ時間的に結構余裕あったので無事到着。
また30分ほど飛行機が遅れてるみたいなのでゆったりチェックイン。
プライオリティパス使ってラウンジでノンビリしてました。
それからデリーへ2時間ほどかけて向かいました。
到着後、次のフライトまでは僅か2時間。
駆け足でインターナショナルトランジットへ向かった所、なんとANAの場合は一度外に出て改めてチェックインしないといけないとか。
こいつぁーまずいと思って、超ダッシュ。
必死に人の波を掛け分けて外に出て、チェックイン。
イミグレーションが混んでたので割り込みしまくって何とか出国。
ゲートにたどり着いたのは20分前でした。
ふいー危ない危ない。
日付をまたいで成田行きの飛行機へ。
後は7時間睡眠薬を飲んで寝るだけ。
あー楽だ楽だ。
と思った僕、ここにきて最高にして最大の必殺技「エコノミーフラット」を発動させます。
説明しましょう。
エコノミーフラットとは、エコノミーシートで自分の座ってる列に誰もいない時に全ての座席を使って横になるという禁断の秘儀。
非常に使える機会が少ない為、使い手も僅かという代物なのです。
というわけで、最初のドリンクをもらった後の記憶は一切なし。
気づいたら成田についてました。
最後は入国手続。
これも問題なく終わって、無事家へ。
荷物の整理をしてインド旅行が無事に終わりになりました、とさ。

ま、こんな感じかな。
つかつか、わざわざムンバイからデリーへ飛行機で飛んだんだけど、ムンバイから東京までANAの直行便あるのね。
それ使えば良かったよ。
やれやれ……。

ま、そいだけー!